ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.12.10]

プロコフィエフの曲とともに活き活きと踊った中村恩恵版『シンデレラ』

中村恩恵:振付『シンデレラ』
野間バレエ
osaka0912b01.jpg

野間バレエ団が、昨年の『Room』(芸術祭優秀賞受賞)と『The Well Tempered』に続いて中村恩恵の振付による『シンデレラ』を初演した。
中村はクラシック・バレエの全幕物を振付けるのは初めてだそうだが、素敵な『シンデレラ』が誕生した。

中村版『シンデレラ』の最も印象的な点は、プロコフィエフの音楽とダンスが一体となって活き活きとしていたところ。プロコフィエフの曲は、カウントをとることからして難しかったそうだが、振付家が曲想を正確に深く捉えられて動きを創っている、と感じさせられた。
『シンデレラ』は、アシュトン版のヘルプマンとアシュトンの義理の姉たちの舞台が歴史的名演と言われているためか、プロコフィエフの曲が戯画的に捉えて演出されること多い。しかしそれは、演技的に特に優れた男性ダンサーが踊ったから歴史に名を残しているのであって、一歩間違うと悪ふざけのように見えてしまう危険性が潜んでいる。
もちろん中村版の義理の母や姉たちもコミカルな表現を見せるが、そこには動きそのもののユーモアや軽いアイロニーが含まれていて楽しく見ることができた。
特に第2幕のシンデレラが宮殿に到着してから、時計が12時を告げるまでは主役とコール・ドが息をも付かせない見事な流れで踊り、観客を魅了した。シンデレラと王子のパ・ド・ドゥもとても美しく見応えがあった。
 

osaka0912b02.jpg

振付けに当たっては、『シンデレラ』の昔物語りなども調べたそうだが、ストーリーに大きく変わった点は見られなかった。しかしたとえば、王子が宮殿に残された靴にぴったり合う娘を探している時、義姉たちは無理矢理合わせるために足をハサミで切りとろうとするするシーンなど、描写の中には昔語りから触発されたと思われるものも加えられていた。。
また、第3幕では照明を大胆に使い、魔術的なな演出によって王子の心理を描いていた。これもまた、どちらかというと清らかな心を持った少女を賞賛する精神訓話を主張しがちなシンデレラ・ストーリーを、深層心理的に捉えようという試みだろう。

シンデレラを踊った野間景は、純真な心の美しさを素直に踊った。王子と結ばれた後に、意地悪く辛い仕打ちを重ねてきた義理の母や姉を受け入れるシーンは、優しい気持ちのこもった表現で感動を与えた。王子に扮した武藤天華も若々しい踊りが魅力的だったし、そのほかの出演者も登場人物の心理を積極的に把握しているので踊りに迷いがなく、全員で良い舞台を創ろうという意欲が感じられた好感の持てる公演だった。
(2009年11月8日 堺市民会館大ホール)

osaka0912b03.jpg osaka0912b04.jpg osaka0912b05.jpg
osaka0912b06.jpg osaka0912b07.jpg osaka0912b08.jpg

撮影:岡村昌夫(テス大阪)/ 阿部綾子(テス大阪)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。