ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.12.10]
From Osaka -大阪-

マリインスキー・バレエのイヴァンチェンコ、ドゥムチェンコが踊った『ジゼル』

馬場美智子:演出・振付『ジゼル』
馬場美智子バレエ団
osaka0912a01.jpg

今年、兵庫県の文化功労者表彰を受けたばかりの馬場美智子の演出による公演。幕開けは『パキータ』で、中心を踊ったのは平松幸子と平野玲。登場から、平松の首のラインの美しさが目を引いた。

続いての『ジゼル』は、マリインスキー・バレエから、主役2人を招いて。アルブレヒトは、エフゲーニ・イヴァンチェンコ。彼は、この冬のマリインスキー・バレエ日本ツアーのメンバーにも入っていたのでご記憶の方も多いだろう。さすがに悩ましげな表情もノーブルなアルブレヒトだった。そして、ジゼルにはマイヤ・ドゥムチェンコ。柔らかく基礎に忠実なマリインスキーらしいジゼル。特に印象に残ったのは、1幕の狂乱の場面で、髪を振り乱さなかったこと。崩れてはいない髪、大きな動きはないにも関わらず、目つきや動きで狂っていることが痛いほど伝わる──“静”の演技に魅入った。
 

osaka0912a02.jpg

ペザントを踊ったのは、やさしげな渡辺愛生と端正で少年のような張縁睿。2人の踊りはカップルの幸せを充分に伝えており、とても好感が持てるものだった。コール・ド・バレエも、気持ちがひとつになっているからだろうか。客席に向けてにじみ出るものが感じられ、『パキータ』と比較しても格段に良い出来だった。また、ジゼルの母、ベルタ役の松山バレエ団からのゲスト、大胡しず子がとても自然な演技、『ジゼル』という作品に長年関わっているからこそ出せる雰囲気かと思えた。
(2009年10月18日 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)

osaka0912a03.jpg osaka0912a04.jpg osaka0912a05.jpg