ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.11.10]
From Osaka -大阪-

ドーンセンターでダンス「カラダの記憶カラダのゆくえ」

関典子:振付・構成・演出『刮眼人形』、紅玉:振付・構成・演出『水の底~2009Ver.~』
大阪府男女共同参画推進財団
osaka0911d01.jpg

ドーンセンターというのは、大阪府立男女共同参画・青少年センター。施設内に劇場があるわけではないのだが、定期的に現代演劇など舞台芸術の公演が行われており、今回、展示イベントでも使われるパフォーマンススペースを利用して、コンテンポラリー・ダンス公演が行われた。客席について最初に感じたことは、いつもとの客層の違い。中高年の男女、特に女性が比較的多く、はじめてコンテンポラリー・ダンスを観るという方も多いようだった。
上演されたのは関典子振付・構成・演出・出演の『刮眼(かつがん)人形』と、紅玉振付・構成・演出、千日前青空ダンス倶楽部 による『水の底』。実は私にとっては、どちらも前に別の会場で観たことがある作品だ。そしてどちらもアングラ風というか、“舞踏”的な作品。『水の底』では出演人数も変わっているなど、前とそっくり同じな演出ではないが、当然、その香りは濃厚に漂っていた。

まず、先に上演されたのは『刮眼人形』。和栗由紀夫の協力も得たこの作品、ハンス・ベルメールの球体関節人形に想を得て創られたものだ そうで、“刮”とは“えぐりとる、こする”という意味。関典子の可動域の広く筋力も鍛えられた身体によって、普通の人間が普通に行うことはない身体の形を目の前に提示する。限定された不自由な動きとうつろな視線がどこかエロティックだったり、そうかと思うとクリッと可愛い眼になったり、本当に人形が七変化しているよう。独特の怪しげな雰囲気が良い。

osaka0911d02.jpg osaka0911d03.jpg osaka0911d04.jpg

続いての『水の底』、ダンサーは全て女性で、稲吉、あやめ、小つ る、ぼたん、かがり、日向。海の底を蠢く水中生物のような存在から黒いもので覆われた抑圧された虫のような存在など、どこか動物的な姿をみせるダンサーたち。人間は生き物のひとつなわけだけど、純粋に生き物らしく行動することというのは、男性よりも女性の方が得意な場合が多いのではないか……そんなことを考えながら観た。最後のシーンは、半円形に並べられたイスにダンサーたちがそれぞれ座り、手鏡を観ながら、嬉しそうだったり、仏頂面だったり、泣き顔になったり、舌を出したりと表情をゆっくりとした調子で変化させていく。その姿は、いわゆる女の子らしさも見せるのだけど、それだけには留まらない“得体の知れなさ”を感じさせ、やはり動物的でエロティック。

ある意味クセのあるこの2つの作品で、初めてコンテンポラリー・ダンスを観た方はどう感じられたのだろうか。そのことにもとても興味が湧いた。行われた場所の主旨、女性も男性も同様に社会の中でイキイキと生きるということを考えるとき、男女が何でも同じになれば良いというわけではないことは明白だろう。個人差はもちろんあるが、身体の構造は男女で明らかに違う──その自分の身体を見つめ直してみること、そこから始まることは多いような気がする。そのためにダンス公演というのは良いきかっけになるもののように思えた。
(2009年10月3日 ドーンセンター パフォーマンススペース)

osaka0911d05.jpg osaka0911d06.jpg

撮影:阿部綾子
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。