ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.07.10]
From Osaka -大阪-

法村珠里、小嶋直也、高田万里ほかが踊った法村友井バレエ団公演

マリウス・プティパ振付『騎兵隊の休息』
オーギュスト・ブルノンヴィル振付『ラ・シルフィード』第2幕
ジャン・ブラバン振付『グランドホテル』
法村友井バレエ団
osaka0907a01.jpg

毎年、年に2回フェスティバル・ホールで公演を行ってきた法村友井バレエ。フェスティバルホール建て替えにともなっての休館のため、今回は、尼崎のアルカイックホールに場所を移しての開催となった。
上演された3演目を上演順にご紹介しよう。

まずはじめは『騎兵隊の休息』。マリアの法村珠里とピョートルの奥村康祐、若い二人の明るい雰囲気、基礎に裏打ちされた動きの軽さがまず良い。そこに、奥村の優しげな清潔感、法村の華やかさが加わって魅力ある仕上がり。連隊長(大野晃弘)、大尉(今村泰典)、少尉(脇塚力)のコミカルな楽しさ、それに、テレーザを踊った山森トヨミの表情豊かな演技も作品に引き込んでくれた。

 osaka0907a02.jpg  osaka0907a03.jpg


続いての『ラ・シルフィード』は、2幕のみの上演。シルフィードの高田万里は、美しい脚のラインがやはり素晴らしい。ただ、彼女が物語に入り込んだ時に観せてくれる深みのある表現には、2幕のみだと行き着きにくかった様子、また全幕で観るチャンスがあれば嬉しい。ジェームズの小嶋直也は、素晴らしく軽快で細やかなアントルシャなどブルノンヴィルの脚さばきがとても見事。彼は故障をきっかけに、しばらく指導の方に重きをおいて、あまり舞台に立っていなかったようだが、内面表現を含めて、これだけ踊れるダンサーは日本に他にまだそういないのではないかと思う。まだまだ踊って観せてほしいと強く思った。

 osaka0907a04.jpg  osaka0907a05.jpg

そして、最後は『グランドホテル』。1920年代のベルリンのホテルに、その時代の有名人が勢ぞろいするという楽しい作品。ルドルフ・バレンチノ(小嶋直也)、メアリー・ピックフォード(西尾睦生)にダグラス・フェアバンクス(新屋滋之)、メイ・ウエスト(大森結城)から、ロシアのバレリーナ(中内綾美)と興行師(吉田和彦)に、新婚夫婦(上田麻子、今村泰典)、ジャッキー・クーガン(東文昭)、それに泥棒(秋定信哉、桑田充)まで、さまざまなキャラクターが登場する。これを観て、法村友井バレエのダンサーたちは以前より個性の豊かさの幅が広がったなということを感じた。それぞれ違ったタイプの魅力で、観客にひとつの作品を楽しませてくれた。

 osaka0907a06.jpg  osaka0907a07.jpg

(2009年6月6日 アルカイックホール/撮影:尾鼻文雄)