ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.06.10]

オッフェンバック曲『舞台に恋して』他、iSバレエ・フェスティバル

泉ポール、下森瑞 振付『舞台に恋して』他
泉・下森バレエ団
osaka0906c01.jpg

細山田愛美と八木飛鳥振付の『モーツァルトシンフォニー』で幕を開けた iSバレエ・フェスティバル。続くバレエ・コンサートでは、コンクールなどで活躍する生徒のヴァリエーションが続く。それぞれの生徒に個性があり、妙なクセなどはなく素直に踊っている人が多くて、観ていてどれも好感が持てる。
鞍掛綾子振付『Speak up』を踊ったのは大久保彩香。英語放送の言葉の調子に合わせ、ある時には雑音に合わせて動く。気分と音、動きが重なって創る世界が興味深かった。また、『シルヴィア』よりヴァリエーションを踊った2人は、2人とも印象に残った。松本有紀子のメリハリと柔らかさ、八木飛鳥のドラマを感じさせる踊り。そして、大久保春香の『白鳥の湖』より黒鳥のヴァリエーションは、テクニックの確かさと伸びやかさを持ちながら、確かな品位を感じさせる。ヴァリエーションだけで黒鳥を踊る場合、品位をおろそかにする人も多いように思えるが、彼女には慎ましやかな品位があった。

 osaka0906c02.jpg  osaka0906c03.jpg

2部は、オリジナル作品『舞台に恋して』。オッフェンバックの曲「パリの喜び」に乗せた、ストーリーを持ったバレエだ。プリマ・バレリーナ役に渡部美咲、スターダンサー役に秋定信哉、2人の踊りも見応えがあり、そこに、バレエ学校の先生(松原博司)、ウエイトレス(兵丹養子)、カフェの店長(泉ポール)、教育マダム(小林佳代子)などが絡み、コメディタッチのちょっと甘く切ない物語が展開される。
バレエを始めたばかりの子どもたちから、さまざまな年代──大人のバレエ好きの方までがニコニコと踊る姿が楽しい。全体に、創っている方、踊っている方々が楽しんでいることが感じられ、観ていて理屈抜きに微笑んだ。
(2009年4月19日 兵庫県立芸術文化センター・中ホール)

 osaka0906c04.jpg  osaka0906c05.jpg
 osaka0906c06.jpg  osaka0906c07.jpg