ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.03.10]
From Osaka -大阪-

室尾由紀子の美しいラインのジゼルと端正な今村泰典のアルブレヒト

法村牧緒演出・振付『ジゼル』
法村友井バレエ(奈良公演)

 奈良県青少年文化振興協会主催の公演。昼夜2回の上演で、昼公演はジゼルを上田麻子、アルブレヒトを奥村康祐、夜公演はジゼルを室尾由紀子、アルブレヒトを今村泰典。私は夜公演を観た。
まず1幕。アルブレヒトの今村が、スラッとしたスタイルで颯爽と登場、さわやかさとノーブルさをあわせもって好印象。ジゼルの室尾由紀子は、さまざまな主役を重ねてきただけあって、登場から華が感じられる。いつも思うが彼女は役のなかで表現できるバレリーナ、チャーミングな表情の変化が素直で物語のなかに観客を引き込んでくれる。ヴァリエーションも、物語に溶け込んでいるのはもちろん、ワガノワ・メソッドを学んだことがきちんと生かされてパとして正確なのもさすが。1幕終わりには、狂気の美しさや笑顔のせつなさも見せてくれた。
なかで、クールランド公(法村牧緒)が、迎えたジゼルに「美しい」とマイムで言う場面があり、きさくな人柄の貴族が現されているのが印象に残った。
2幕、ミルタは法村珠里。手脚が長く、持って生まれたような芯の強さがあるように感じられ、よく役に合っていた。そして、ジゼルとアルブレヒトのパ・ド・ドゥ、とにかく美しいラインにうっとりさせられた。ゆっくりとした動きを、こんなに安定してコントロールし観せることができるのは、きちんとした基礎があってこそ。以前よりほっそりとした印象も受け、大人の叙情性を含んだ想いが静かに伝わってきた。
この公演の後、室尾由紀子は、ニュ−ヨークに向かうのだという。バレエだけでなく、他のダンスも学びたいということ。さらなる成長に期待したい。
(2009年1月24日 奈良県文化会館国際ホール)

osaka0903b01.jpg osaka0903b02.jpg osaka0903b03.jpg
osaka0903b04.jpg osaka0903b05.jpg osaka0903b06.jpg

 

  • Check