ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2009.01.13]
From Nagoya -名古屋-

松岡伶子バレエ団公演『眠れる森の美女』

  松岡伶子バレエ団の秋の定期公演の演目は、古典バレエの頂点と言われる『眠れる森の美女』だ。この物語には、念願の姫君の誕生、結婚式等、おめでたい華や かなセレモニーが登場するとあって、プティパはこのバレエを、バレエ黄金期フランス宮廷時代の様式にならいゴージャスなバレエ作品に演出した。舞台美術や 衣裳の豪華さはもちろんのこと、踊りのヴァリエーションも豊富で、ダンサーの数も多く必要とされるため、この作品を上演できることが、踊れるダンサーがい る充実したバレエ団の証とされているというのもうなずける。
ところで、バレエ団の主宰者である松岡伶子は、平成19年度の地域文化功労者文部大臣賞を受賞したが、その記念としてこのおめでたい作品に取り組んだの だという。2日にわたって開催された公演は、たくさんのバレエダンサーを有するバレエ団らしく、ほぼダブルキャストだ。私が見たのは、オーロラ姫、大岩千 恵子、デジーレ王子が碓氷悠太の2日目。(初日は、伊藤優花と大寺資二)振付はロシアのワジム・グリャーエフ、ナターシャ・ボリシャコーワ夫妻。

  幕が開くと絵画かと思わせるような煌びやかな世界が広がっている。このプロローグではオーロラ姫の誕生を祝って、リラの精(酒向悠江)を筆頭に、やんちゃ の精(松本千明)、おうようの精(須田亜香里)、のんきの精(山下実可)、勇気の精(大脇衣里子)と、ベテランから若手まで、バレエ団の充実したソリスト たちの舞が披露される。それぞれにオーロラに授ける気質の振付を個性的な踊りで表現。宴に招かれなかったカラボスを演じるのは振付家のワジム・グリャーエ フだ。キーロフ・バレエ時代を髣髴とさせる圧倒的な演技力は健在、強烈な存在感を印象づけた。

  第1幕は、宮廷の庭園が舞台。美しく育ったオーロラ、長身でスタイル抜群の大岩千恵子が登場すると舞台に花が咲いたようだ。清楚なオーロラになりきり、抑 えた演技で無垢な少女を演じる大岩。そこでバレエ団のジュニアの中から選ばれたバレリーナの卵たちがオーロラの誕生を祝う踊りを踊る。ジュニアとはいえ、 一糸乱れぬアンサンブルは日ごろの練習の賜物だ。バラの棘に指されてオーロラが100年の眠りにつくと、紗のかかったカーテンが閉められ、城そのものもま た眠りの世界に入っていく。
第2幕は100年後の森の中。碓氷悠太演じるデジーレ王子が狩りに訪れる。リラの精に導かれて、オーロラの幻を見たデジーレは、オーロラに惹かれてい く。そこで待ち構えたカラボスと戦うデジーレ。デジーレの勝利、負けたカラボスは、セリに乗って奈落の底へと消えていく。

  第3幕は、オーロラとデジーレの結婚式、宮廷時代のフランスの結婚式さながらの豪華な場面だ。当時は、バレエのデヴェルティスマンのシーンのように、一日 中次々に踊りが披露され、祝いの宴がいつまでも続いたのだという。ペローの童話のおとぎ話の主人公たちが、集まったというこの場面では、定番の青い鳥や、 赤頭巾ちゃんと狼、宝石の精など個性的な踊りを見せた。ブルーバードの青木崇と佐々部佳代のフロリナ王女はその音楽性と高い技術で、珍しい人食い鬼や親指 小僧では、バレエ団のボーイズクラスの少年たちが素直な踊りで、観客を惹きつけた。そしてクライマックスの結婚のパ・ド・ドゥ、オーロラの大岩は第1幕の 16歳の無垢な少女から、愛を知った大人へと見事な変貌を見せる。安定したテクニックと深みのある表現で、王子への永遠の愛と結婚の喜びを表現した。王子 にふさわしい容姿を備えた碓氷は、若さあふれる跳躍や回転など、抜群のテクニックで見所をしっかり抑えて王子を好演。古典の物語と形式をしっかりと踏襲し た松岡バレエ団の『眠れる森の美女』は、バレエ団の力を結集して、その充実ぶりを物語るかのような見ごたえのある舞台だった。
また、竹本泰蔵指揮によるセントラル愛知交響楽団が、チャイコフスキーの調べを色彩豊かに演奏し、総合舞台芸術としてのバレエの魅力を引き立てていた。
(2008年11月30日 愛知県芸術劇場大ホール)