ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.01.13]
From Osaka -大阪-

バレエスタジオミューズ クリスマス公演『くるみ割り人形』

  バレエスタジオミューズの『くるみ割り人形』。クララが2幕のグラン・パ・ド・ドゥも踊る演出での上演。前野香代子(18日は久保佳子)のクララは素直で 明るい女の子という雰囲気で童話の主人公らしい。王子は原田祥博、のびやかなジャンプや多回転のピルエットなど、バレエの技を楽しませてくれた。

  印象に残った特徴は、1幕のパーティシーンのなかに、ドロッセルマイヤーの出し物のひとつとして、くるみ割り人形(三好妃登美)とねずみ(鹿嶋彩香)が戦 うシーンがあり、その後の伏線になっていること。“くるみ割り人形” はドロッセルマイヤーが取り出すはじめから人が演じており、クララは一緒に遊ぶが、頭上にかかげたりするわけではない。
 

  その後パーティが終わり、夜の戦いのシーンを経て、ギクシャクした動きだったくるみ割り人形の魔法が解けてなめらかな動きになって、雪の国へ。雪の場面、 クセのない丁寧なコール・ド・バレエにまず好感が持てた。中心は田中ルリと岡田兼宜。田中の美しいスタイル、美しい甲での独特の魅力あるニュアンスを感じ る踊り、軽いアンボワテなどが夢のような雪の世界に誘ってくれた。

 1幕最後まで三好がくるみ割り人形としてクララをエス コートし、2幕で初めて王子、原田に入れ替わる。2幕、花のワルツの中心を踊ったのは、西村奈恵(18日は、角野由佳)とアンドレイ・ジェージチ。西村は 長い手脚を活かして、優しく夢見るように踊り、これから伸びていくダンサーとしての可能性を感じさせてくれた。
ラスト、夢から覚める場面。そこではじめて人間が演じていない“くるみ割り人形”が使われ、クララは愛おしく頭上にかかげる。クララの幸せな思い出に浸る姿を残し、幕となった。
(2008年12月19日 新大阪メルパルクホール)

撮影:イングルウッド 近藤