ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.01.13]
From Osaka -大阪-

人形を抱くコッペリア──アート・バレエ難波津『コッペリア』

 アート・バレエ難波津が、平成15年に初演した『コッペリア』を再演した。構成・演出・改訂振付は石川愉貴、主演も前回同様でスワニルダが谷吹知早斗、フランツが石川愉貴。

  1幕、スワニルダの怒り方が少々型にはまった感じに見えたが、これは幕を追うごとにスムーズに。チャルダッシュの中心を踊ったのは、ゲストでドイツより帰 国した佐藤由子、居酒屋の娘という設定で、フランツをわざと誘惑し、焼きモチを焼いたスワニルダが怒って、もとのカップルに一件落着というくだりは微笑ま しい。
 

 2幕の特徴は、魔法を掛けられるコッペリアに扮するスワニルダが、魔法への盾のよう に人形を使うことからの流れ。そう、コッペリア人形は普通、本を手にしているのだが、ここでは人形を抱いているのだ。そして、2幕の最後、はだかのコッペ リア人形にうなだれるコッペリウス博士(小原孝司)の元に、元気な少女が走って来て、ついさっき見たスワニルダと同じようにお転婆三昧に走り回る。魔法を 全身に浴びた小さな人形が、小さな女の子になったのだ!

  そして3幕、ドレス姿の市長夫人は主宰の石川惠己、その華のある姿に拍手が起こる。続いてのディヴェルティスマンはみどころたっぷり。“夜明け” を踊ったのは、カナダで活躍中の南百合子、一時帰国しての出演だ。美しい甲での強いテクニックに裏打ちされた踊りはさすが。“祈り” はゲストの上村未香、やわらかく丁寧な動きが良い。スワニルダとフランツのグラン・パ・ドゥ・ドゥも新しい振りを入れてとても興味深かった。スワニルダの ヴァリエーションは、見慣れた元気な踊りとはひと味違った、脚を上げすぎない品良く落ち着いたものになっており、ゆっくりとしたアチュチュードなど美しい ラインを見せる振りは、谷吹によく合っていた。

 最後に、2幕の最後に現れた(人形が変身した)少女とともに現れるコッペリウスの上機嫌な顔、微笑ましい物語の締めくくりだった。
(2008年11月30日 大阪厚生年金会館大ホール)

撮影:テス大阪 岡村昌夫