ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.01.13]
From Osaka -大阪-

全京都洋舞協議会「2008秋の合同バレエ祭─創作バレエの夕べ─」

 来年50周年を迎えるという全京都洋舞協議会。合同バレエ祭は恒例の催しだそうだが、今年は役員である石井潤と石原完二という国内外で高い評価を 得ている2人の作品の上演ということで、一層充実した公演となった。出演は、協議会所属団体から夏のオーディションで選ばれたダンサーたち。

 3演目の上演、ひとつ目は石井潤振付の『バッロ・ディヴェルテンテ』。中高生からオーディションされた少年少女たち。少女たちはタイツなしで膝小僧を見 せてトゥシューズを履いている。この年代だからこそのフレッシュな生き生きした可愛らしさが姿からも動きからも溢れていた。そのなかで、ただ一人の男の 子、池内寛人は素直でのびやかな踊りが魅力的、磨けばどんどんん伸びそうな可能性を感じた。

『バッロ・ディヴェルテンテ』 撮影:テス大阪 阿部綾子


次には、石原完二振付『KARASU─闇の祝祭─』。どこか不気味な “カラス” をテーマに、全体としてひとつのトーンを持ちながらも、“闇の行列”、“粋な烏”、“夢見る烏”、“自由な烏”などと、バラエティ豊かにシーンが移り変わ る。なかで “つがい” を踊るのは富士奈津子と武藤天華。富士の長い髪を活かした美しいラインの動きは、苦悩を内側から伝える力に満ち、武藤も他の舞台ではみせたことのないよう な不気味さを漂わせてc、2人が良いダンサーであることを再確認させてくれた。
 

『KARASU─闇の祝祭─』 撮影:テス大阪 阿部綾子

 そしてラストは、石井潤振付『カルミナ・ブラーナ』。とにかく、はじめから最後まで文句なくひきこまれた。序曲、男たちに赤い布に包まれ抱え上げ られる女神・寺田美砂子、その圧倒的な存在感が特に素晴らしい。ショートカットのボーイッシュな姿で彼女はその後、ある時はコミカルに、ある時は大酒飲み のおおらかなエロティックさをみせ、私たちをひきつける──石井潤ワールドらしい “女神” 。群舞などの他のシーンとの移り変わりも絶妙のタイミングに感じられた。いつか再度、ぜひまた観たい作品だ。
(2008年11月23日 京都会館第2ホール)

『カルミナ・ブラーナ』 撮影:テス大阪 阿部綾子