ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2010.04.12]
From Nagoya -名古屋-

市川透芸術監督による新カンパニー BALLET NEXT第一弾『シンデレラ』

市川透:振付『シンデレラ』
BALLET NEXT 2010
nagoya1004b01.jpg

BALLET NEXTは、登録制のカンパニーとして、公演ごとのオーディションで選出されたダンサーたちによって活動を行ってきた。過去3回では、『ジゼル』をはじめとした市川透振付による古典などの演目を発表してきたが、今回より市川芸術監督の下、その中心となるファーストメンバーが選出され、カンパニーとして正式に活動をはじめるという。カンパニー活動一作目に選ばれたのは、誰もが知っている童話『シンデレラ』だ。市川はこの作品を、音楽性豊かで、温かさ溢れる良質のファンタジーに仕上げた。
主役を演じたのは、植村麻衣子と清水健太(Kバレエカンパニー)。いずれもローザンヌ国際コンクール受賞歴をもつテクニシャン。そして仙女には存在感十分の山田繭紀、継母に早川麻実とベテランが脇を固め、作品に一層の深みを与えていた。また意地悪な姉妹を男性の高宮直秀と幸田律が演じ、ドタバタとした喜劇性を加味することで、作品全体の流れに緩急をつけるのに貢献。四季の精でも、ファーストメンバーを中心に、パートナーに新国立劇場の男性陣など、主役級のダンサーがずらりと並び、伸びやかで躍動的踊りを見せた。                           
プロコフィエフの情緒的な音楽は、テンポがめまぐるしく変わり、他のグランド・バレエに加えて難解な印象だが、市川の振付はそれを極めて自然に感じさせている。主体となるストーリーを主旋律に、底流にあるリズムをシンデレラの心理状況へと組み込むことで、音楽の解釈を複層的に展開しているからだ。コール・ドの場面でも、シンデレラが背景で顔を覗かせたり、隠れていたりと、常に人物の表裏を同時に提示することで、単純な物語を重層的でふくらみのある表現にしている。
オーソドックスな物語の展開を心がけつつ、ガラスの靴にぴったりと合う女性を探す場面では、互いの手が触れ合うことで相手に気がつく、というセンシティブな感覚をもつ市川ならではの新しい解釈を持ち込んだ。それを演じた植村と清水の迫真の演技と繊細かつ情感溢れる表現が、市川の意図を明確に伝えていたと思う。
BALLET NEXTについて、名古屋という「地方都市において、本格的な大舞台を経験する環境を提供し、個々では実現できない企画を、皆で協力して実施、若い人は大舞台へのプロセスを学び、ベテランの人は指導活動のみに留まらずバレエアーティストとして活躍、成長できる場でありたい」と語っているのは、主宰の福田晴美。BALLET NEXTの新たな一歩は大盛況だった。今後のさらなる進化を見届けていきたい。     
(2010年2月7日 中京大学名古屋市民会館)

nagoya1004b02.jpg nagoya1004b03.jpg nagoya1004b04.jpg
nagoya1004b05.jpg nagoya1004b06.jpg nagoya1004b07.jpg

※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

シンデレラ 植村麻衣子  王子 清水健太
仙女 山田繭紀 継母 早川 麻実 義姉 高宮直秀 義妹 幸田律 道化 八幡顕光 父親 徳山博士 春の精 安藤亜矢子 夏の精 加藤愛美 秋の精 横山梓 冬の精 南部真希
春のカヴァリエ 碓氷雄太 夏のカヴァリエ 原健太 秋のカヴァリエ 末松大輔 冬のカヴァリエ 陳秀介