ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.11.10]
From Osaka -大阪-

天満・天神バレエ団&ダンスフェスティバル2008

 9回目を迎える天満音楽祭の前日祭として今年初めて開催されたイベント。スパニッシュからジャズ、日舞、バレエと多彩なジャンルの出演者で昼の部は発表会的に、夜の部はコンクールなどで頑張るジュニアたちからプロダンサーによっての見応えある舞台が繰り広げられた。
 鑑賞したのは、その夜の部。中央公会堂はクラシック・バレエには舞台が狭いせいだろうか、ここでバレエを観るのは今回が初めて。けれど、舞台の枠になる部分に金色が使われ、古き良き時代──大正のロマン漂う雰囲気で、何の舞台装置もなくても観ていてバレエにマッチする。伸び盛りのジュニアたち8人のヴァリエーションから始まった舞台。次には、西山光呼振付『ELTENPO』を西山と、奥村ひろみ、舞原聖子、西川奈央子という一定以上の力のある踊り手たちによるバレエのポーズも活かしたコンテンポラリー。時を刻む秒針の音のなか、それぞれの方向に進んでいく女性たち。
 続いては、大人の魅力を活かした憂いある『エスメラルダ』よりヴァリエーションを中島早也佳が、客席に迫る迫力で『ドン・キホーテ』よりジプシーの踊りを川本一葉が、東文昭が振付し、松本章一郎と男性2人で『COLOR FIELD』を踊った。丸山美保子は、この春、谷桃子バレエに入団した教え子山科諒馬とともに『海賊』よりグラン・パ・ドゥ・ドゥを。師弟での踊りがほほえましい。
 そして、バレエの魅力を普段バレエ観ない観客にも特に満喫させたのは、谷桃子バレエの永橋あゆみの『瀕死の白鳥』。美しいスタイルで透明感のある白鳥だった。バレエの最後は、『くるみ割り人形より~クララの夢』、舞原聖子と酒井直希が演出・振付し、楽しい夢の世界に。クララの桂奏はまだ少女ながら、おしゃまでテクニックもある。くるみ割り人形は酒井直季が優しく。ディベルティスマンもそれぞれ役にあっており、花のワルツの中心は舞原聖子と梶原将仁が大きな踊りで華やかに。金平糖と王子は逸見澄子と山口章。さすがベテランの2人、子どもたちに夢をきちんと見せる、明るくて細やかな魅力もきちんと持った踊りで盛り上げた。
 その後にはヒップホップやベリーダンス、社交ダンスも披露され、フィナーレでは実行委員長の舞原美保子も社交ダンスを観せ、楽しい雰囲気で幕を閉じた。
(2008年10月11日 中之島 大阪市中央公会堂)