ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.05.12]
From Osaka -大阪-

2幕が秀逸だったーー波多野澄子バレエ団『コッペリア』

 幕開け、コッペリウスが颯爽と登場して、コッペリア人形になめらかな投げキッスを送るーーこんなにかっこいいコッペリウスは珍しいが、それを踊るのは演出の深川秀夫。60歳前後のはずだが、今も衰えない洗練された動きを観ていると、この人が若き日から天才ダンサーと言われ続けてきたことに大きくうなずける。スワニルダ&フランツは、藤井真理子と大寺資二。

 1幕は、多くの出演者によって華やかに。ただ、スワニルダの怒りなどの演技が典型的に組み立てられすぎている気がして、もっとスムーズな表現にできれば物語に引きこまれやすいのではないかと思えた。
藤井、大寺

藤井、深川
 秀逸なのは2幕、イントレが組まれたシンプルな舞台を照明がセンスよく彩る。コッペリア以外の人形は登場せず、スペインやジークなどの人形ぶりは、箱から扇子やスカーフを出し、それをコッペリア(本当はスワニルダ)に持たせることから始まり、コッペリウスも合わせて踊る。人形を恋いこがれるコッペリウスの想いがドラマティックに伝わってきて、この物語の主役はコッペリウスなんだと感じるくらい。やがて態度が大きくなるスワニルダ扮するコッペリアに、小さくなって行くコッペリウスという対比はとてもコミカルで楽しい。また、深川の演技には、軽妙さがあって独特の面白味がある。この頃には、スワニルダ役の藤井もイキイキと魅力を発揮していた。

 3幕は明るく。衣裳の色のトーンが白に近い色を基調にまとめられており、舞台は花と緑の連なったもので飾られるなど、シーンシーンが絵画的、色彩的なセンスの良さも感じられた。
(2008年4月19日 尼崎アルカイックホール)

藤井、深川藤井、深川深川

藤井、大寺深川藤井、大寺