ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.02.11]
From Osaka -大阪-

2つのバージョンが楽しい、貞松浜田バレエ『くるみ割り人形』

 長年、クリスマスに『くるみ割り人形』を上演し続けている貞松浜田バレエ。2年前からは、従来の “お菓子の国バージョン” に加え、新しい “お伽の国バージョン” も上演している。今回、両日とも鑑賞した。

 1日目の “お菓子の国バージョン” は、クララが金平糖のグラン・パ・ド・ドゥまで踊る演出。上村未香のクララは、上品で繊細、軽さを感じさせ、おとなしくて優しい少女。王子の貞松正一郎はさすがにノーブルでサポートも的確な印象を感じさせた。
 パーティでドロッセルマイヤー(泉ポール)が手品で見せる騎士人形を踊った恵谷彰のテクニックは観ていて気持ちが良く感じられた。また踊り終わって片付けられる時、重くて持ち上げられないという表現に対して、刀を振り振りプンプンと怒りながら去って行く姿は、間合いも良く思わずクスッとしてしまう楽しさだった。夜の場面のねずみたちも、コンパクト片手にお化粧をするおしゃれなネズミや救護隊ネズミなどが出てきてコミカルに場面が進むのが良い。
 雪の場面はとてもスピーディで、コール・ド・バレエの女性ダンサーたちのレベルが高いからこそこなせる振付だろう。中心の雪の女王、竹中優花はさすがに優雅で美しい。
 2幕は、ジュニアによる天使、フルーツの精の場面を経てお菓子の国に。お馴染みのディベルティスマンもそれぞれ盛り上がっていた。

 2日目は “お伽の国バージョン”、トナカイやサンタクロースが旅の案内役のように登場し、2幕のディベルティスマンは、アラビア=コーヒーの踊りが “シェヘラザード” となっているなど、おとぎ話やなんらかのストーリーを意識しているよう。もっと、それぞれの国のおとぎ話に具体的に沿うようにしても面白いかも知れないと思った。

 このバージョンでは、クララ(吉田朱里)と王子(川村康二)は、お伽の国の女王(瀬島五月)と王(アンドリュー・エルフィンストン)に迎えられるという形で、グラン・パ・ド・ドゥを踊るのは瀬島とアンドリュー。クララは2幕では、それぞれのディベルティスマンとともに踊ったり、華麗なる円舞曲の中心で喜びいっぱいに踊る。吉田は長身の美しいスタイル、清純で透明感のある魅力を持ったバレリーナ、王子の川村は優しい雰囲気。2人でクララが観る夢の世界に引きこんでくれた。瀬島とアンドリューのグラン・パ・ド・ドゥは、高いテクニックで生き生きと。華やかなクライマックスだった。
(12月21日、22日 神戸国際会館こくさいホール)