ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2008.02.11]
From Nagoya -名古屋-

越智インターナショナルバレエ『くるみ割り人形』全幕

  今年も越智インターナショナルバレエの『くるみ割り人形』公演が開催された。越智インターナショナルバレエは、日本でも近年お馴染みとなったこの『くるみ割り人形』を、毎年欠かさず継続して上演している愛知県唯一のバレエ団といえるだろう。今回はついに20回目、演出・振付は、長年バレエ団の芸術監督を務めていたワレリー・コフトン。
 主役はダブルキャストで、2日目には渡辺梢がはじめて主役に抜擢された。私は、バレエ団のプリマ・越智久美子とサンフランシスコ・バレエ団のプリンシパルダンサーとしての経歴をもつワディム・ソロマハによる初日を見た。また両日で、新国立劇場の契約ソリストとして活躍している越智友則が駆けつけて、夢のくるみ割り人形を演じ、舞台に華を添えた。

 クリスマス・イヴ、客席の上に仮設された橋掛かりを、街ゆく人々が家路に急ぐ。犬を連れた家族も歩くこのシーンは、越智家の愛犬が登場することで知られた毎年恒例の名珍場面だ。
シュタールバウム家の応接間ではクリスマスパーティが開かれている。そこにちょっと大人びた風貌の少女クララの藤本綾が登場する。このバレエ団には、ロシア人男性ダンサーが多数出演するとあって、このようなパーティの場面でも、華やかな雰囲気がより強調されるように感じる。少年フリッツはコンスタンチン・ズバーチ。そこにハレキン人形の木下堅司、コロンビーヌ人形の伊藤あいみ、ヌビア人形の李栄喜、くるみ割り人形の小林栞らが次々と登場し、楽しい踊りを披露する。プレゼントを用意したドロッセルマイヤーのセルゲイ・ボンドゥールの見せ所を押さえた迫真の演技や、アレクセイ・ポテョムキンの迫力のあるねずみの王様も力強く印象的だ。クララの夢に現れるくるみ割り人形には、真っ赤な衣裳を着た越智友則が扮し、新国立劇場での経験を通じてさらに洗練されたと思われる余裕の踊りを見せる。彼のぴたりと決まる完璧なテクニックが、人形のイメージと上手く重っている。
 2場、クララ・越智久美子が登場すると、舞台にはほどよい緊張感が走る。プロのダンサーが醸し出すオーラといったものだろうか。両手に真っ白いボンボンをもった雪の精のくるくる回る踊りは、いつ見てもとても可愛らしく、お菓子の国への期待感を高めてくれる。

 続く第2幕のお菓子の国では、バレエ団のソリストたちが代わる代わる登場し、得意の踊りを披露。チョコレートの精の藤村香織とセルゲイ・ボンドゥールは華やかに、コーヒーの精の木下友美とコンスタンチン・ゴルディチュクは妖艶な踊りを見せた。またお茶の精の渡辺梢と木下堅司はコケティッシュに、トレパックでは森絵里とコンスタンチン・ズバーチが軽やかかつ朗らかに、アーモンド菓子の精では東麻衣子とアレクセイ・ポテョムキンが清楚にと、それぞれに完成度の高い踊りを見せた。

 そしてラストの越智久美子とワディム・ソロマハのグラン・パ・ド・ドゥ。2人は、近年継続してパートナーを務めているダンサー同士の信頼関係の上に成り立つ大変安定した踊りを見せた。それぞれがダンサーとして確立していながら、さらにパートナーとのコンビネーションも考えた、十分なキャリアに基づいた大人のパ・ド・ドゥだ。
毎年同じ演目を上演することで、さらに進化し続けているベテランの踊りや演出と、新しく誕生するバレリーナの卵たちの踊り、その両方をみることができる。こうした楽しみ方ができるのも、古典バレエの醍醐味のひとつといえるのだろう。
(2007年12月23日 中京大学文化市民会館プルニエホール)