ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2007.12.10]
From Nagoya -名古屋-

松岡伶子バレエ団公演『ラ・バヤデール』全三幕

 松岡伶子バレエ団が、9年ぶりに『ラ・バヤデール』全幕を上演した。ドラマティックなストーリーと多様な場面展開で古典バレエの名作として人気がありながら、日本では上演される機会の多くない作品で、上演の機会を待ち望まれている作品のひとつといってもよいだろう。
 今回は、海外から帰国した大岩千恵子と最近の飛躍が著しい伊藤優花のダブルキャストでの上演となったが、私は2日目のニキア伊藤優花、ガムザッティ大岩千恵子、ソロル青木崇のキャストで見ることができた。(ベテラン大寺資二とのダブル・キャスト)

 舞台は南インドの寺院。民族色が豊かな作品ではあるが、松岡バレエ団では、むしろ洗練された美術による美しい舞台の幕開けだ。若い戦士のソロルと舞姫ニキアの恋を妨げる権威者ラジャや美しき娘のガムザッティの恋の駆け引き、そして身分の違いによる喧騒などを軸に、物語は急速に展開していく。
 特に、ソロルを挟んだラジャの屋敷でのニキアとガムザッティの恋の勝負は、女2人の演技の見せ所。上品な舞姫の伊藤優花と高貴な美女の大岩千恵子が、それぞれに適役で、対照的な2人の女性を演じ分けた。ベテラン大岩のテクニックや演技力はいう及ばず輝きを放っている。伊藤は、近年著しい成長を遂げ、愛知を代表するダンサーのひとりになってきたことを感じさせる舞台であった。
 ソロルの青木、ラジャの森充生、修行僧の頭のマクダビアの窪田弘樹と、男性陣の活躍も目立った。中でも金色に縫ったブロンズ像の踊りでは、アメリカから一時帰国中の市橋万樹が参加し、堂々とした踊りと確かなテクニックを披露、海外での充実ぶりを垣間見せた。

 そして圧巻だったのが、古典の名場面のひとつと言われる「影の王国」のコール・ド・バレエだ。大ホールの3面舞台の奥舞台、4Mもの高さの傾斜舞台から白いチュチュを纏った数十名のダンサーが、アラベスク・パンシェを繰り返して、徐々に客席に向かって降りてくる有名なシーンだ。2人の女性の間に悩み、良心の呵責に耐えかねたソロルが見た幻想の場面で、ソロルはニキアの幻に再開し、二人の魂は死の世界で結ばれることになる。この場面は、個人の確かなテクニックと40名近くものダンサーの息のあった踊りによって支えられている。ひとりひとりのダンサーの質、しいてはバレエ団の質が問われる場面でもあるのだ。層の厚い松岡伶子バレエ団ならではの美しいハイライトであった。演奏は、竹本泰三によるセントラル愛知交響楽団。
(2007年11月4日 愛知県芸術劇場大ホール)