ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2007.08.10]
From Osaka -大阪-

今年も華やかに開催---MRBプロデュースの『バレエスーパーガラ』

 9回目を迎え、大阪の夏のバレエ・イベントとして、しっかり根付いた気がするガラ・コンサート。関西を拠点に活躍するダンサー、東京からのダンサー、また海外から帰国したダンサーが集った。
 幕開けは、主催のMRB松田敏子リラクゼーションバレエ所属の柳原麻子と法村圭緒を中心に、コール・ド・バレエ付きで『ダイアナとアクティオン』のグラン・パ・ド・ドゥ。明るくハツラツとした柳原にダイアナは似合う。法村はさすがにきちんとした踊り。続いて、ラストの細かく軽い去り方の余韻が印象に残った福谷葉子と梶原将仁の『ジゼル』、コーダが男女ともに回り比べのようだった美羽礼加と河島真之の『海賊』1幕よりパ・ド・エスクラーブ。主催スタジオ所属の川東まりこと沖潮隆之の美しい『ドン・キホーテ』よりグラン・パ・ド・ドゥ。
 そして、テクニシャンであると同時に緩急もありスケールの大きい国田美和と逸見智彦による『くるみ割り人形』よりグラン・パ・ド・ドゥに続いて、この公演の芸術監督・漆原宏樹振付の『カノンー悲しみの淵に』を主催の松田敏子と山本隆之が踊った。子を亡くした悲しみを描いたこの作品、山本はさすがに内面表現も素晴らしく、松田はこれまでこういったタイプの作品を踊る機会はほとんどなかったようだが、年齢的にも挑戦するには良いときではないだろうか。
 成澤淑榮とイルギス・ガリムーリンのロシアの香りのショーダンス『Steam Heat』、大人の女性の余裕を感じさせ伸びやかな表現の田中ルリと、品がよく柔らかい表情が王子らしい黄凱の『白鳥の湖』第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥで1部は終了。
 

『ダイアナとアクティオン』
柳原麻子、法村圭緒
『カノンー悲しみの淵に』
松田敏子、山本隆之
『白鳥の湖』
田中ルリ、黄 凱

 続く2部、幕開けは西尾睦生と山口章が踊る島崎徹振付の『Bardo』。西尾は自分のスタイルを持っている人---それが感じられて良かった。『眠れる森の美女』よりグラン・パ・ド・ドゥは、西田佑子と大貫真幹、二人ともクラシックの動きが正確で観ていてとても気持ちが良い。加えて西田は大人の表現が出てきてさらに魅力が増し続けている。
『POP-up Town』は石川愉貴振付、アートバレエ難波津のダンサーたちによる、踊りそのものを楽しむようなショーダンス的な作品。『海賊』第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥは渡辺美咲と恵谷彰、複雑なテクニックをこなす2人、そうでありながら2人ともチャーミングなのがまた良い。そして『Cheminer』は、ラヴェルの「ボレロ」に矢上恵子が振付けたもので、矢上を中心に7人の女性で踊った。表情にも動きにも存在感があり、曲が高まるにつれてその独自の世界にどんどん引き込まれていくゾクゾクする踊りだった。
 

『海賊』
渡辺美咲、恵谷 彰
矢上恵子
『Cheminer』
『グラン・パ・クラシック』
野間 景、高岸直樹
『ライモンダ』
宮内真理子、森田 健太郎

 続いての、洗練された大人の魅力の宮内真理子と森田健太郎の『ライモンダ』よりグラン・パ・ド・ドゥが踊られ、後はラスト演目、野間景と高岸直樹による『グラン・パ・クラシック』よりグラン・パ・ド・ドゥ。身長も高く出てきただけで華やかな2人。高岸は観せ方をよく心得たダンサーだし、野間景は、年齢を経るほど深みが増す---よく考えて踊る人なのだと思う。
 一度にたくさんの魅力に触れることができた数時間だった。
 

(7月15日、グランキューブ大阪)