ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

桜井 多佳子 text by Takako Sakurai 
[2006.09.10]
From Osaka -大阪-

佐々木美智子バレエ団公演『卒業記念舞踏会』ほか

 (社)日本バレエ協会の承認を得て、横瀬三郎の指導、橋浦勇の監修のもと6年ぶりに上演された『卒業記念舞踏会』は、同バレエ団にとても良く似合う作品だ。特に即興第1ソロの佐々木美織が芸達者で、どんな仕種も笑わせる。第2ソロの富田遥も一見大人しそうながら、表情はとても豊か。佐々木のパートナー、秋定信哉の活き活きとした演技は、見ているだけで楽しく、陳建国も一見クールな二枚目ながら、チャーミングさも見せた。鼓手の張縁睿は、きびきびとした動きで、中屋利萌子のシルフィードはなんとも優雅。ゲストダンサーもみな伸びやかに演じていた。舞台を引き締めたのは、女学院院長役の篠原聖一と老将軍の小原孝司である。

 この作品の前、第一部で上演された『ESPRIT de corps』はタンゴ曲を使った篠原の振付作(下村由理恵指導)。小さい子どもたちも黒の衣裳で、タンゴのリズムを刻み、客席に向かってポーズを決める。そんな中、一人、真っ赤のドレスで踊った杉原小麻里が、しっとりと美しく艶やかだった。
 バレエコンサートで目を引いたのは『エスメラルダ』を踊った二杉圭子。同バレエ団出身でドイツ、フランスで活躍、今秋からハノーバー・バレエに入団する彼女は、何気ない仕種にも感情を込め、ドラマティックに踊っていた。
(8月11日、八尾プリズムホール)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。