ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.09.10]
From Osaka -大阪-

●矢上恵子の新作『Actuel』が印象的だったK★バレエスタジオコンサート


 20回目を迎えるK★バレエスタジオコンサートは、『くるみ割り人形』全幕と、矢上恵子のコンテンポラリー新作『Actuel』の2本立てを上演した。

『くるみ割り人形』は、藤岡あやがクララ、福田圭吾がフリッツで、明るくハツラツと1幕のクリスマスパーティを盛り上げた。 このスタジオの特徴を強く感じるのは雪のシーン。女性に加えて男性が9人登場、コール・ド・バレエも男女カップルで踊る部分があったり、男性だけの部分もありとてもダイナミック。 本来、雪というものは、美しい面、軽い面、速い面と共に、ダイナミックで力強い面も持つもの。男女が共にこのシーンをつくりあげることで、そんな雪の本質により迫っているように感じた。

 2幕も独自の工夫が凝らされている。各ディベルティスマンには、おもちゃ箱から飛び出したようなスペイン人形、アラビア人形・・・といった小さな子どもがつく。その小さな人形の出方は踊り毎に違い、細かい工夫を楽しんで演出されているようで微笑ましかった。
 花のワルツはなんとブルーの衣裳。中心を踊ったのは金子紗也と福岡雄大で、金子のマネージのシェネは一番ポジションのかかとがきちんとつきそうで見ていて気持ちよかった。
 金平糖のグラン・パ・ド・ドゥは吉田千智と山本隆之。吉田はとても顔が小さく長身で細く手足が長い。その恵まれた体型を生かした手に広がりがある踊り。二人ともやわらかく上品で、邪魔な動きがない素晴らしいパ・ド・ドゥだった。

 そして注目の矢上恵子の新作『Actuel』。古典バレエ『ジゼル』を題材とした作品だ。中心となったダンサーは藤岡あや、福田圭吾、秋定信哉(この3人がジゼル、アルブレヒト、ヒラリオンの役目の様子)聴き慣れたアダンの音楽が構成しなおされて使われている。ペザントの曲で数人の男性が踊るなど見慣れた『ジゼル』とは全く違った踊りが目の前で繰り広げられる。だが、そうでありながら、この作品のストーリーは『ジゼル』なのだとはっきり分かるのだ。
 2幕に当たる部分、死から生まれ変わるジゼルは、普通悲しげか死人の無表情な感じで踊られることが多いように思うが、ここではよみがえったように嬉しそう。アルブレヒトとのパ・ド・ドゥも2人ともとても楽しく踊る。踊り終わるとジゼルはバタンと倒れてしまうのだが・・・。

 筆者は何度も古典の『ジゼル』というバレエを観ながら、個人的に「もしも愛する人に裏切られて死んでしまったとしても、お墓にその人が来てくれたら、たとえ自分がユーレイやウィリーになっていようとも、やっぱり嬉しいんじゃないのかな?」と思うことがあった。だから、こんなに楽しげに溌剌と踊られることがとても興味深く感じられた。
 ラスト夜明け、死んでしまったジゼルと、下手花道方向に歩いていくアルブレヒトとヒラリオン。ある意味で不気味な終わり方にも思えた。
(7月26日 厚生年金会館大ホール)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。