ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2005.09.10]
From Nagoya -名古屋-

●第3回あいちダンス・フェスティバル<ダンス・コスモス~キラ星たちの饗宴>

バラエティ豊かな顔ぶれと見所満載の作品の数々で、過去2回の公演で好評を博してきた<あいちダンス・フェスティバル>もこの夏3回目を迎えた。 今回は、愛知で開催されている国際博覧会に合わせてのフェスティバル開催ということから、愛知から世界に羽ばたき活躍をしている地元出身のダンサーたちの里帰り公演を特集して、 国内外で活躍しているキラ星たちと地元バレエ団の里帰り<共演>をテーマに、きらめくダンスの宇宙をご覧いただこうと考えた。

第1部「キラ星ダンサーたちによる名作古典バレエ」では、タイトルどおり、国内外で活躍している愛知県出身のダンサーたちが地元のバレエ団との共演を得て、4つのプティパ振付作品を上演。最初の作品『サタネラ』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは、ローザンヌ・バレエコンクールで賞を受賞し、若い頃から活躍をしているマキシマム・ダンス・ガモネ所属の榊原弘子と遅沢佑介(ライン・ドイツ・バレエ)。ベテランらしく安定感のある踊りで、公演の幕開けを飾った。

また、豊田シティバレエ団がワガノワ・バレエ学校に留学中の近藤真名と共に上演したのは、『海賊』第3幕より「花園の場面」。古典バレエの様式美の真髄の一端を垣間みせた。


ベルリン国立バレエ団に入団したばかりの新鋭バレリーナの寺井七海は、愛知在住のヤコブス・ウィルフリッツと『白鳥の湖』より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥを踊った。 170cmの長身を生かした切れ味の鋭い踊りで、今後の活躍を予感させた。松岡伶子バレエ団は、バレエ・インターナショナル・インディアナポリスの大岩千恵子と新国立劇場バレエ団の市川透で、『ドン・キホーテ』第3幕を踊った。プリンシパルダンサーとしてゲスト出演の機会も多いだけに、安定感のあるしなやかな動きで、圧倒的な存在感を示した。

第2部では、愛知のダンサーと振付家とのコラボレーションによって生み出された3つの作品を紹介した。まず最初に登場した石川雅実は、愛知で活躍するコンテンポラリー・ダンサー。猪崎弥生振付の『笑う女』を上演し、安定したテクニックと表現力をみせた。越智インターナショナルバレエを代表して出演したのは、御曹司・越智友則。バレエ団に作品を提供しているエドワード・クルグが越智のために振付けた『Solo For Two Chairs』。この作品で、モスクワコンクールで金賞を受賞したほか、世界バレエ&モダンダンスコンクールでは、振付特別賞も受賞している越智の代表作である。第2部の最後は、深川秀夫が振付した『グラズーノフ・スウィート』。深川秀夫は越智インターナショナルバレエを経て、海外で活躍した日本を代表する振付家であるが、彼が塚本洋子バレエ団の若きダンサーたちに振付けたこの作品に榊原弘子が参加し、国際的な饗宴となった。


第3部の<特別ゲストによる饗宴>では、3つの企画作品を上演した。最初に登場したのは、地元バレエ団のベテラン・バレリーナ4名による<競演>『パ・ド・カトル』。 19世紀半ばのロマンティック・バレエ全盛期、マリー・タリオーニほか、当時最高のバレリーナを集めて創作したという伝説的作品に相応しい地元ベテラン・バレリーナ、加藤奈々(松岡伶子バレエ団)、桐村真里(川口節子バレエ団)、望月あや子(市川せつ子バレエ団)、山本美樹子(塚本洋子バレエ団)の参加を得て、この公演ならではの特別上演が実現した。

次に上演した『ユークロニア』は、愛知芸術文化センタープロデュース作品2弾。今回は振付に、H・アール・カオス主宰の大島早紀子を迎え、オーディションを通過した地元ダンサーたち(板垣優美子、寺井七海、米沢唯、渡邊智美)とコンテンポラリー作品を創作した。リハーサルでは、大島の指示のもと、カオスの舞姫・白河直子が直接手本を示しながら綿密に振付を行い、カオス独自の世界観を表現した。

最後は、日本を代表するバレリーナの酒井はなと西島千博のパ・ド・ドゥ『外soto~Conversation not heard』。ハンブルグ・バレエ出身のリン・チャールズ振付によるこの作品は、元々コミカルで楽しい作品であるが、そこにそれぞれのダンサーたちが自分のアプローチで、オリジナルな表現を加えて、さらにパワフルでエネルギッシュな作品に仕上げていた。こうした振付された作品をさらに練り上げ、自分たちの表現にしていく過程には、作品に対するプロフェッショナルな向き合い方の重要性を強く印象付けられた。
(8月13日 愛知県芸術劇場大ホール)