ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.07.10]
From Osaka -大阪-

●国田美和バレエスタジオ「2005バレエコンサート」

 4回目を迎えた国田美和バレエスタジオのバレエコンサート。主宰者の国田自身から、スタジオでレッスンに励む子供たち、オープンクラスでバレエを楽しむ大人たちも出演してのコンサートだった。
 第1回目からこのスタジオのコンサートを観ているが、全般的に変なクセのある生徒が少ない。技術が未熟な子であっても素直に踊っていることに好感がもてる。主宰者の国田美和はチャコットカルチャースタジオなどでも大人の生徒に人気の先生だが、大人たちもそれぞれの技量や雰囲気、個性などに合った役柄を与えられてのびのびと踊っているのが印象的だった。特に成長している熱心な生徒は、男性と共に踊ることに挑戦していた。

 幕開けは、国田美和振付による『tango』。スパニッシュ風のダンスで、国田と共に4人が出演。4人の生徒たちは初々しい雰囲気。この踊りなら、もう少し強さが出た方がよりよかっただろう。おそらくまだ中学生、高校生くらいの子が多いようなので、そのあたりはこれからの課題というところだろうか。
『ドン・キホーテ』よりで、山口章を相手にキトリを踊った今出千琴は、脚が長く細くて笑顔ハツラツ。テクニカルな動きも得意なようで、キトリにぴったり。また、『眠れる森の美女』よりグラン・パ・ド・ドゥで、恵谷彰をパートナーにオーロラを踊った半井美由紀はとても恵まれた容姿の持ち主。ぜひこれから、技術をどんどん磨いて成長していってほしい。

 そしてメインの演目は『白鳥の湖』第3幕より。オディールを国田美和、王子を逸見智彦。彼女のオディールはなかなか。昔からオディールに似合う雰囲気を持つダンサーだが、以前は“強さ”が特に前面に出ていた。今は年齢を重ねて妖艶さや大人の余裕がプラスされ、さらに良くなったと思う。速い動きとスローな部分のメリハリも見事だし、回転テクニックもさすが。王子も端正で、嬉しそうな笑顔も初々しく、『白鳥の湖』を初めて観る観客にもよく物語が伝わっただろう。花嫁候補はジュニアの美人揃い、どの子もこれからが楽しみだ。
(6月5日、大阪国際交流センター大ホール)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。