ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2005.04.10]
From Nagoya -名古屋-

●パティオダンスプロジェクト2005 シゲキ的な身体『神舞 KANMAIを踊る』


 コンテンポラリー・ダンスと伝統芸能・知立祭囃子とのコラボレーション公演『神舞 KANMAIを踊る』が開催された。振付・出演は、地元愛知出身の平山素子と工藤聡。実は高校の同級性でもある2人は、通常はそれぞれ東京とスウェーデンで活発な公演活動を展開しているが、この度、コラボレーションのためにここに集い、共同で作品創作にあたった。

 プログラムのパート1は、平山素子と工藤聡、それぞれによるソロ作品。平山の『Juliet』は文字どおり、プロコフィエフ作曲の『ロミオとジュリエット』を使った小品。舞台の上手から下手へと、わたり廊下のように8台の長テーブルを連ね、その上を踊りながらゆっくりと進んでいく。そしてテーブルの端で突然の落下、断絶。耳慣れたバレエ音楽を使って、ひとりの女性の絶望を象徴的に示すかのような振付は、ダンスを見慣れない観客にとっても共感しやすい一夜への導入となった。

 工藤のソロ『Silent Body』は、2004年ポーランドで開催されたディアギレフ記念国際振付コンペティションにおいて、第2位とディアギレフ特別賞をダブル受賞した作品。アクション系のダンサーである工藤が、それらの動きを見世物的に使用することなく、表現手段のひとつとしてごく自然に扱っているところに好感がもてた。

 パート2のメインプログラムは、2人と地元神舞のコラボレーション『神舞 KANMAI』。知立市はからくり人形の盛んな土地柄で、聴き慣れた曲が、どのような現代的なダンスに生まれ変わるか、住民の方々は興味津々だったことだろう。ここでは知立祭囃子研究会から、小太鼓、大太鼓、大皮、小鼓、三味線、計10名のメンバーが出演、舞台右手に並んで演奏した。

 作品の序となる場面は、振袖をアレンジした日本人形のような平山の艶姿が印象的。見せ方を心得た平山ならではの演出だ。ひとつずつポーズに変化をつけていく平山、それを支える工藤、2人の絶妙なタイミングが鍵となる人形ぶりの美しい幕開けである。

 本編にはいると徐々に加速されていく神舞のリズムに追い立てられるように、ソロ、デュオと、次々とアクロバティックな動きを重ねていく。ダンスというより、アクションといった方が相応しいとも思える2人の動きは、強靭な肉体を備えている両者の得意技。神舞は、わずか数分の曲の繰り返しで構成されている大変テンポの速い音楽で、繰り返しの回数や、終了のタイミングは囃子研究会のリーダーと平山のアイコンタクトで行われていたらしい。舞台装置の一切ない小劇場で、格子状になった壁に忍者のように上って、そこに張り付いたり、劇場の搬入扉や小窓を演出的に利用したりと、この劇場をフル活用して、最後までパワー全開で踊り続けた。

 観客は一度きりの熱いパフォーマンスを体感し、地元の祭りの尊さを噛みしめながら、劇場をあとにしたいに違いない。
(2月27日 パティオ池鯉鮒-知立市文化会館)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。