ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2004.12.10]
From Nagoya -名古屋-

松岡伶子バレエ団『白鳥の湖』

『白鳥の湖』は、ご存知のとおり、古典バレエの代名詞ともいわれる作品で、これまで多くの振付家が様々な振付・演出の版を創作し、多くのバレエ団によって踊られてきているが、松岡伶子バレエ団の『白鳥の湖』は、元キーロフバレエのナターリャ・ボリシャコーワとワジム・グリャーエフによる振付で、第4幕の終焉には、愛の力はどんな権力にも打ち勝つことができるという、暗いニュースの続く今日のような時代にも希望の光を見出すことのできるようなハッピーエンドの演出になっていた。

 2日間の上演の初日に主役を演じたのは、バレエ団のプリマ安藤有紀と窪田弘樹(2日目は加藤奈々と大寺資二)。そしてここでは、バレエ団の層の厚さを示すように、オデットとオディールを別々の踊り手に躍らせる演出を取り入れていたが、初日のオディールを演じたのは小池亜貴子。それぞれに踊り手の特徴をよく生かした的確な配役だと思うが、オデットにぴったりと思われる河合が、2日目のオディールに抜擢されていたのは、少々驚き、どんなオディールを演じるのか、大変興味をもった。ダンサーとしてより一層の幅を広げ、精神的にも新しい成長を期待したいと願う主宰者の配慮も感じる。そこに一作品の完成度のみを考えるのではない、ダンサーの育成にも努力をしているバレエ団の姿勢を垣間見た気がした。

 全体をとおして、安藤有紀のオデットは、身体から滲みでるような表現力で見るものを陶酔させる一方、小池亜貴子演じるオディールは、メリハリの効いた動きで、「黒鳥」の強さを体現し、対照的な2つの役割を演じわけていた。また窪田弘樹は、終始変わらぬ緊張感をもって、最後まで王子を演じきった。

 そして白鳥たちのコール・ドは、今回もぴたりと揃い、圧巻。団員全体の日頃の練習の積み重ねを感じさせる。また第三幕、王子が婚約者を選ぶ式典の場面では、スペイン、ナポリターナ、チャルダッシュ、マズルカと様々な民族的なダンスを披露したが、技術、表現のどちらの面でも、いずれも高い質の踊り見せ、個人の踊り手のダンサーとしてのレベルの高さを感じさせた。

音楽は、竹本泰蔵指揮によるセントラル愛知交響楽団による演奏で、バレエに優れた音楽は不可欠ということを示すかのような、動きと一体となった演奏で、公演全体を支えることに成功していた。
(11月20日 愛知県芸術劇場大ホール)