ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.10.10]
From Osaka -大阪-

田中規子バレエアカデミー「バレエ・コンサート」

 8回目を迎えた田中規子バレエアカデミー発表会。昼の部では子ども達が『くるみ割人形』全幕と小品集を、夜の部では、教師を含めた大人たちが「バレエコンート」という形で踊りを披露、筆者は夜の部を観た。

「バレエコンサート」は、それぞれがグラン・パ・ド・ドゥやヴァリエーションを観せるガラ・コンサート形式。それぞれ魅力があり、どれを紹介するかは迷うところだが、3作品のみ紹介する。


 一つ目は『サタネラ』よりグラン・パ・ド・ドゥ。桑田充をパートナーに踊った長尾さやかは、クセのない素直な踊りで形も正確。穏やかな笑顔で、この踊りををやさしい雰囲気に仕上げていた。

 二つ目は『バヤデルカ』第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥ。ガムザッティを池田麻由子、ソロルを山口章、8人のコール・ド・バレエ付。池田麻由子は、長身で美しく、伸びやかに踊る。若く美しく自信に溢れた雰囲気で、ガムザッティという役柄をよく表現していた。

 そして三つ目は主宰者でもある田中規子が踊った『瀕死の白鳥』。登場の部分の腕の波打ち方も柔らかく、大人だからこその魅力を発揮。昼の部に出演した子ども達が着替えて客席で観ており、先生が踊り終わっての子ども達の声援が一段と大きかったのが印象的だった。 
(9月12日 京都こども文化会館・エンゼルハウス)