ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.09.10]
From Osaka -大阪-

クラシックもコンテンポラリーも充実したケイ★バレエスタジオ・コンサート

 小さな生徒から、各コンクールの入賞経験も多いジュニアやプロとして活躍する出身ダンサーまで、年齢も踊りのレベルもさまざまな出演者によるコンサート。
 子供たちの楽しい群舞『タランテラ』で幕を開け、まずいくつかのクラシック作品。中でも、『ハレキナーダ』よりグラン・パ・ド・ドゥは、顔が小さく美しいスタイルで魅せた藤岡あやと、新しいテクニックをどんどん吸収していることを感じさせる福田圭吾、この二人のこれからもっと伸びて行きそうな可能性を感じさせる踊りが良かった。『ライモンダ』3幕よりは、吉田千智と山本隆之を中心に、男女ペアのソリスト4組と12人のコール・ド・バレエで踊られ、スラッとした吉田のバレリーナらしい美しさと、優しい表情の山本のきちんとした動きにうっとりした。


 続いての『シンデレラの出発』は子ども達のための作品。シンデレラが舞踏会に出発する前の四季の精の部分。春、夏、秋、冬の精はもちろんだが、コオロギやバッタ、ねずみなどの役柄で小さな子ども達も可愛らしく大活躍した。シンデレラに時間の注意をするために、時の女王と共に12人の時の小人が出て来たのも子供たちを活かす楽しい演出だと感じた。
 クラシックの最後は『スケートをする人々』、チューリッヒ・ジュニア・バレエ団の入団が決定したという福岡雄大は美しいラインを観せて踊っており、また、ゲストの秋定信哉はチャーミングで魅力的だった。

 ラストはコンテンポラリー作品『Allure』。振付は矢上恵子と部分的に小磯伸子。“Allure”とは直訳すれば“魅力”だとか“美しい”というような意味かと思うが、“歩んでいく”という意味合いを念頭に置いて創り上げた作品だという。
 水の音を思わせる音の中、薄いグリーンの衣装の男女ダンサーたちが踊る。音自体は速い音でなくても、その中に何倍にも詰め込んだような凄い速さのハードな動きが続く。高いレベルで踊れるダンサーだからこその速さ。
 全体的に動きそのものがどのダンサーもシャープ。その中でも特に山本隆之のソロの部分は速い動きのキレもよく、文句なく格好良くて印象的だった。盛り上がりの中、手前から奧に向けて横につられたポールが左右2本下りてきて、突然曲がカットアウトするように終わる。眼が釘付けにされた所での突然の終わりは、これもまた格好良く、余韻が残った。(8月15日 吹田メイシアター大ホール)