ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津絵理 text by Eri Karatsu 
[2004.08.10]
From Nagoya -名古屋-

'04川口節子バレエ団定期公演における様々な試み

 名古屋では珍しく、作品の創作に力を入れている振付家、川口節子率いるバレエ団の定期公演。昼夜ともに2回公演の計4回公演で、キャストは異なるものの、基本的な演目は同じであったというが、初日の昼公演に足を運んだ。

 第1部のバレエコンサートでは、クラシックのバリエーションを中心に『眠れる森の美女』はじめ8演目が並んだ。

 第2部のバレエ&創作小品集では、子供の発表会的な作品など、様々な演目が10作品上演された。発表会的な子供向けの作品であっても、創作に力を注いでいる川口の作品では、照明やその構成など演出にも手を抜かず、単なる子供向けの作品以上ものになっている。中でも今回注目したのが、『SPIRITURE』を振付したバレエ団の太田一葉。比較的シンプルなクラシックのパをベースにしながらも、ユニークな動きを全体に散りばめ、溌剌とした中にも味のある作品に仕上がっていた。こういった若手振付家の登場は、大変頼もしく、今後もさらに新しい振付に挑戦していって欲しいと思う。

 第3部では、クラシックの演目から『パキータ』が上演された。パキータ役の近藤有希は、手足が長く恵まれた容姿で、現在注目のプリマである。パキータの雰囲気にもぴったりであったが、後半やや足元の安定感に欠けることがあったのが残念であった。さらに踊り込むことで解決できることだと思うので、さらなる今後に期待したい。

 そして第4部が、メインプログラムとなる川口の創作作品『ピーターパン』。タイトルどおりのお話をベースにしているが、川口作品ではあら筋をなぞるだけではない、様々な仕掛けが隠されている。
舞台は深夜の寝室、背景には、外の家々の屋根が広がって見えている。両親の外出で3人の子供たち、ウエンディー(吉田雅世)・ジョン(三浦彩乃)・マイケル(鈴木彩)が留守番をしていると、絵本の中で見た光景が、目の前で起こってびっくり。現実と幻想の世界が交錯し、ピーターパン(友村安里)とティンカーベル(加藤亜弥)の登場である。ピーターパンが誘って、子供たちと共に空に飛び出すところでは、舞台セリを巧みに利用し、空での空中飛行のシーンを描き出す。それと同時にミラーボールを使って客席をキラキラと照らし出し、観客にもこのファンタジーを体験させてしまうという演出で、客席を驚かせた。

 その後のインディアンの国への到着、ネバーランドの子供たちのダンス、海賊との対決、森の中、と場面転換の演出はさすがで、子供向けのミュージカルとしてみてもとても楽しめた。ただ、大人のバレエ作品としてみた場合、マイムなどの説明的な部分が多いことが少々気になった。説明的に身振りを利用するのではなく、多少ストーリーがわかりにくくなったとしても、シーンによっては思いっきり踊りだけで表現する方が、観客に対して自由なイメージを許すことのできる懐の深い作品になるのかもしれない。

「SPIRITURE」

「パキータ」



「ピーターパン」

(名古屋市芸術創造センター 7月18日・マチネ所見)