ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna  
[2004.04.10]
From Osaka -大阪-

第5回大阪プリ・クラシックバレエコンクール

 大阪市とサンクトペテルブルク市の姉妹都市親善事業の一環として産経新聞社、 産経新聞開発⑭の主催で行われている「大阪プリ・クラシックバレエコンクール」。 今年も2月21日(土)、22日(日)に予選、3月7日(日)に決選というスケジュールで、サンケイホールにおいて開催された。 元キーロフ・バレエ団のプリマで、現在ワガノワ・バレエ学校芸術監督のアルティナイ・アスィルムラートワが招かれ、特別審査員として審査にあたった。

 このコンクールの特徴は、一つ目に近畿2府5県(近畿2府4県に三重県を加えた5県)の在住もしくは同圏内のバレエスクールの在籍者に参加者を限定していること。二つ目に“世界に羽ばたく若者を大阪から”というかけ声の元に、スカラシップを1名選出、ワガノワ・バレエ学校への1年間の留学資格及び学費、旅費等が与えられること。

 今回の参加者数は、ジュニア1部(中学1年生以上21歳以下)が317名、ジュニア2部(小学3年生~6年生)が278名の合計595名。内ジュニア1部115名、ジュニア2部100名が決選に残り、踊りを競い合った。

結果は(敬称略)、

ジュニア1部

1位:安積瑠璃子(15歳・パキータより Va.  大阪バレエアカデミー)
2位:柳原麻子(20歳・ドン・キホーテ第3幕よりキトリの Va. MRB 松田敏子リラクゼーションバレエ)
3位:西島奈月(20歳・グラン・パ・クラシックより Va.  大屋政子バレエ M.O.M )


ジュニア1部1位:
安積瑠璃子「パキータ」よりヴァリエーション

ジュニア1部2位:
柳原麻子「ドン・キホーテ」
第3幕よりキトリのヴァリエーション


ジュニア2部

1位:原田茉弓(12歳・眠りの森の美女よりフロリナ王女の Va.  松葉美幸バレエスクール)
2位:宮西真央(12歳・コッペリアよりスワニルダの Va.  田中バレエ・アート)
3位:寺田翠(11歳・ドン・キホーテよりドルシネアの Va.  田中バレエ・アート)

ジュニア2部 1位:
原田茉弓「眠りの森の美女」より
フロリナ王女のヴァリエーション



  そして、昨年は該当者が出なかったワガノワ・バレエ学校への1年間のスカラシップは 、ジュニア1部2位の柳原麻子に贈られた。

  ジュニア1部1位の安積瑠璃子は、基本に忠実で上品な踊りが評価され、ジュニア2部 1位の原田茉弓は、小学生らしい素直な踊りが評価を受けた。スカラシップの柳原麻子 は、高度なテクニックも観せ、踊り全体の完成度の高さが評価された。