ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2016.02.10]
From Osaka -大阪-

大人への成長を丁寧に表した小西裕紀子のクララ、伸びやかでノーブルな佐々木大の王子

桧垣バレエ団
『くるみ割り人形』小西裕紀子:振付

京都駅すぐ、とても立地条件の良い京都劇場で行われた桧垣バレエ団の『くるみ割り人形』。普段、バレエを見慣れない方も足を運ばれていることが感じられ、こんなに便利な場所にある劇場で行うことで、クリスマスの夜に多くの方がこのバレエを楽しまれることが日本でも浸透していく一つのきっかけにもなっているような気がして、そういう意義も感じた。

osaka1602b_B.jpg 小西裕紀子、佐々木大
撮影:岡村昌夫(テス大阪)(すべて)

クララは、演出・振付も手がけた小西裕紀子。1幕の子どもらしさを表した演技から、夜、お菓子の国、と進む中で、クララが少しずつ大人に近づき成長していくことが丁寧に表現されていて好感が持てた。王子は佐々木大、さすがにノーブルでマナーの良い、スッと伸びやかな観ていて気持ちの良い踊り。 
お菓子の国のディベルティスマンは、それぞれのソリストの個性を活かして。河波佐結里と亀田研介のチョコレートは素直で華やか、榎本心をパートナーにコーヒーを踊った西口瑠美はファッションモデルのようなセクシーで存在感のある魅力を見せ、宮本夏帆、岡本結衣、和田健太郎のお茶の踊りは明るく、くったくなく、そして前田翼と末原雅広のロシアンケーキは溌剌とテクニックを楽しませた。林杏香と中井嵩人のミルリトンは初々しい魅力。可愛らしいキャンディディボンボンに続いてはフラワーケーキ、花のワルツだが、この中心を踊った藤原もえと今井大輔の二人が目を引いた。ノーブルな今井はもちろん、藤原の華奢で研ぎ澄まされた踊り、これからの成長が楽しみなダンサーだ。
そして、クララと王子、小西と佐々木、2人のグラン・パ・ド・ドゥは、穏やかなほほえみの中、落ち着きを持ったベテランらしいもの。佐々木はアントルシャや大きなジャンプを美しい脚のラインもみせて楽しませてくれたし、小西は女性らしい柔らかな魅力を持った丁寧な踊りで観客をクリスマスの夢の世界に引き込んだ。
(2015年12月25日 京都劇場)

osaka1602b_A.jpg 小西裕紀子、桧垣琢矢 osaka1602b_0575.jpg
osaka1602b_0312.jpg osaka1602b_D.jpg
osaka1602b_0398.jpg 前田翼、末原雅広 osaka1602b_0520.jpg 藤原もえ、今井大輔
osaka1602b_0524.jpg 小西裕紀子、佐々木大
osaka1602b_I.jpg
osaka1602b_J.jpg 『くるみ割り人形』撮影:岡村昌夫(テス大阪)(すべて)