チャコット公式Webサイトの表示不具合に関して<9/21現在>

ポール・マルクが『ラ・バヤデール』のブロンズ・アイドルを踊ってエトワールに任命された

ワールドレポート/パリ

三光 洋 Text by Hiroshi Sanko

MARQUE_D4D_9828.jpg

photo Julien Benhamou/ Opéra national de Paris

12月13日にはバスチーユ・オペラで『ラ・バヤデール』のマチネ公演が無観客で行われた。この公演は、パリ・オペラ座のインターネットサイト、オペラ・シェ・ソワ(l'Opéra chez soi)で有料ストリーミング配信された。この公演でブロンズ・アイドルを踊ったポール・マルクが、オーレリー・デュポン舞踊芸術監督の推薦により、アレクサンダー・ネーフス、オペラ座総監督によりエトワールに任命された。

ポール・マルクは1997年に南西フランスにあるアキテーヌ地方のダックスで生まれた。2004年にパリ・オペラ座バレエ学校に入学し、2014年にパリ・オペラ座バレエ団のコール・ド・バレエの一員となった。2015年にコリフェ、2017年にスジェ、2018年にプルミエ・ダンスールと順調に昇級し、2016年にはヴァルナ国際バレエコンクールで金賞に輝いた。2020年のパリ・オペラ座バレエ団の日本ツアーでは、『オネーギン』のレンスキー役を踊った。

OPB-Paul-Marque-LA-BAYADERE-©Svetlana-Loboff.jpg

photo Svetlana Loboff / Opéra national de Paris

OPB-Paul-Marque-LA-BAYADERE-2-©Svetlana-Loboff.jpg

photo Svetlana Loboff / Opéra national de Paris

記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。

ページの先頭へ戻る