ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2004.07.10]

●パリ・オペラ座『ドン・キホーテ』続報

 オペラ座の『ドン・キホーテ』のシリーズは、終盤に向かって次第に盛り上がっていくのが常だが、今回も全くそうだった。既報の通り、すでに前半、様々なペアが妍を競ったのに続いて、後半に二人のゲストが登場するに及んで、観客の熱狂は最高潮に達した感があった。

前半で、マチュー・ガニオと組み、彼のエトワール昇進を支えたアニエス・ルテステュは、今度は、ゲストのロベルト・ボッレと組んで再登場(5月28、 31日)。上背があり、ギリシャ彫刻のようながっしりした体格のボッレは、長身のバレリーナのパートナーとして申し分ない。ルテステュを片手でサポートし てもびくともしない安定感があり、不思議なことに、彼が横に立つと、ルテステュの背の高さが気にならない。1幕と3幕のヴァリエーションでは、アラベスク で長くポーズを見せ、特に第3幕では、一体どのくらい静止していただろうか、前代未聞のバランス力に唖然とした客席から、驚嘆のどよめきがわき起こった。 最後まで勢いの衰えない力強いピルエットで追い上げていく辺りも見事で、見せ場を心得ている。ルテステュのグラン・フェッテの迫力も、ちょっと類がないく らいで、二人のテクニックの応酬が見ものとなった。

もう一人のゲスト、カルロス・アコスタも、国際的スターとして活躍しているだけに、こちらも完全なプロフェッショナリズムを発揮(5月29日、6月1、 3日)。とりわけピルエットの妙技とサポートの上手さは驚異的である。キューバ勢はもともと並外れたバネがあり、ピルエットにも定評があるが、足を膝から くるぶしまで下ろしながら、あるいはアラベスクに移行しながら、きりきりと巻き込んでいく、つむじ風のような回転技がすごかった。このような超絶技巧をあ まり見なれていないパリの観客は大喜びだった。

今を時めくオペラ座の名花オレリー・デュポンとのペアは、一見相反するようで、これが予想外にスリリングなパートナーシップを展開、シリーズ掉尾を飾る にふさわしい華やかな踊りの饗宴を繰り広げた。デュポンは、このキトリ役でエトワ-ルに任命されただけに、はつらつとして闊達な動きが心地よく、今シリー ズ中、最高といえる演技を披露した。一段と踊りに気品と風格を加え、オペラ座の女王の雰囲気さえ漂わせている。さらに、アコスタのサポートが、行くべきと ころにすっと手が行くという自然さで、ピルエットで回転させる際も、ほとんど手を触れずに、くるくると回してしまうという見事さだったので、デュポンの方 もその心地よさに酔っているような余裕の表情さえ、垣間見られた。

ここに来て、ようやくイザベル・シアラヴォラの森の女王を見られたのは幸運だった。聞いていた通り、プロポーション抜群なだけに、一挙手一投足が溜め息 の出る美しさ。グラン・ジュッテを連続するところでは、宙に舞い上がるような跳躍に大きな拍手が送られた。ヤン・サイズのエスパーダは、非常に舞台映え し、ミリアム=ウルド・ブラ-ムのキューピッドは最高に愛らしい。すでにバジルで大成功を収めたエマニュエル・ティボーは、ジプシー役を振り当てられてい た。天才的な人は、どんな役を演じても素晴らしいとは思うが、彼にはすでに役不足である。

初めは、故障者が続出して成りゆきが心配されたものの、若い世代にチャンスが回ってきて、新しいエネルギーの台頭がたのもしく感じられた『ドン・キホ-テ』であった。

デュポン
カルロス・アコスタ

シアラヴォラ