ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2006.05.10]

テアトル・ド・ラ・ヴィル、シディ・ラルビ・チェルカウイの『D'avant』

  2002年、レ・アベス劇場で上演されたシディ・ラルビ・チェルカウイ振付の『D'avant』が4月25日から29日までテアトル・ド・ラ・ヴィルでア ンコール上演された。この作品は、プラテル・バレエ団のチェルカウイとダミアン・ジャレ、サシャ・ヴァルツ&ゲスツのホアン・クルツ・ディアズ・ド・ガラ イオ・エスナオラ、ルク・ダンベリーの4人の出演者の共作で、昨年日本でも紹介されている。

中世のヴァラエティ音楽とはどんなものだったか? という興味から生まれたものだそうだが、中世音楽のアカペラで、自由自在に歌って踊る4人組の様々な妙技が客席を沸かせ、1時間20分があっという間に終わった感じだった。

チェルカウイは、4月には、モナコで、ジャン=クリストフ・マイヨーとコラボレーションを行うなど、今世界で最も乗っている振付家の一人であろう。