ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

タップダンスのフェスティバル「タップ・シティー」

タップダンスのフェスティバル「タップ・シティー」

 毎年恒例の、ニューヨークのタップダンスのフェスティバル、「タップ・シティー」が、オン・ブロードウェイ・シアターのThe Dukeで、7月11日から14日まで行われました。ドラム、ベース、ピアノの3人のミュージシャンによる生演奏つきでした。
 私が観た公演は、12日の『タップ・インターナショナルズ』と、14日の『タップ&ソング』でした。
『タップ・インターナショナルズ』では、世界中から参加していて、アフリカ、フィンランド、台湾、ロシア、オーストリア、日本、ブラジル、アメリカ、スペインから来た人たちが踊りました。フィンランド、ロシアのタップも上手だったです。
マックス・ポラック
オーストリアのマックス・ポラックと日本の岩堀ちか子がペアで、ルンバのリズムでタップを踊りましたが、これも面白かったです。アメリカ人の4人組の、バンジョー音楽にのったタップもものすごく上手で、アメリカらしくてよかったです。ブラジルのダンサーは、すごくオデブなのにカーニバルの格好で頭の上にはたくさんのフルーツの飾りをのせてでてきて、それだけでも客席は笑いの渦になっていました。オデブなのに動きが軽やかで、タップは上手でした。

日本からは、熊谷和徳もいるZENという4人組(男性3人、女性1人)が出ました。みんな、上手でした。振付はDerick.K.Grantです。Derickはダンススタジオのステップスでもタップを教えている方です。

熊谷和徳
さて、トリを飾ったのは、日本から来た熊谷和徳です。これは、一番抜きん出ていて、すごかったです。みんな、客席の黒人たちも、口をポカンと開けて、呆然として見つめていました。すごい才能ですね。振付も熊谷自身によるもので、おそらく即興でしょう。バックのジャズの生演奏にあわせて踊りました。彼の踊りは、セヴィオン・グローバーの影響をとても受けていますが、彼自身の個性もすごくあって、世界的レベルにいっていると思いました。リズムの強弱のコントロールも、とても正確です。彼は、ニューヨークでも十分実力を発揮してやっていけることでしょうけれど、現在は日本に帰国して、東京で活動しているのですね。熊谷のタップは、すごいです。ぜひ、日本にいる皆様も、一度は生で観劇してみてください。きっとあなたもタップをやりたくなってしまうことでしょう。熊谷の今後の活躍も期待しています。