ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

サヴィオン・グローバーの「ヴィジョンズ・オブ・ア・バイブル」

 世界のトップのタップ・ダンサー、サヴィオン・グローバーの公演が、ジョイスシアターで年末から年始にかけて行われました。「ヴィジョンズ・オブ・ア・バイブル」です。12月20日から1月15日までという、異例の4週間公演です。ジョイスシアターでは、通常は、1週間の公演をするところがほとんどなので、これは、サヴィオンの人気を示しています。ニューヨークでは、絶大な人気を誇っています。以前にこのコラムでレポートしました、去年のジョイスシアター公演「クラシカル・サヴィオン」は、チケットがソールドアウトだったほどです。会場に来ている人たちは、タップをやっている若い人たちも多かった様子です。

 サヴィオン・グローバーのブロードウェイ・ミュージカル・デビューは『タップ・ダンス・キッド』で、なんと10歳の時です。そして、13歳の時に、映画『タップ』に、グレゴリー・ハインズとサミー・デイヴィス・ジュニアとともに出演しました。テレビでは、セサミ・ストリートに5シーズン連続でレギュラー出演していました。他にも数々の映画やミュージックビデオ(ケニー・Gやパフ・ダディー)に出演し続けています。1996年には、ブロードウェイ・ミュージカルでスマッシュヒットを記録した、『ダ・ノイズ、ブリング・イン・ダ・ファンク』の振付でトニー賞を受賞しました。この作品で同年に、ドラマ・デスク・アワード、アウター・クリティックス・サークル・アワード、オビー・アワード、「ダンスマガジン」の振付家賞(コレオグラファー・オブ・ザ・イヤー)を受賞しました。まだとても若々しそうですが、大御所ですね。

 さて、今回の公演は、ヴォーカルと4人のジャズ・ミュージシャンたち(ピアノ、パーカッション、サックス、ベース)の生演奏に乗って、サヴィオンがソロで踊るものでした。振付、演出ともに彼自身によるものです。宗教色の強い内容を表現しているようでした。女性のヴォ―カルは、とても声量と迫力のある、ソウルかゴズペルのようなものでした。3歳から教会で歌っていた方だそうです。
 舞台の後方にジャズミュージシャンたちがいて演奏していて、前方に、厚みが30センチくらいある広い木の台が置かれており、そこでサヴィオンは踊っていました。途中休憩なしのノンストップの舞台で、歌や演奏をはさみながら、迫力のあるタップダンスが披露されました。彼は、全身リズムのかたまりのような人で、ものすごく細かいリズムを軽々と刻んで踊っていました。典型的なタップではなく、彼独特の、オリジナリティーの強いタップの踊り方でした。即興での踊りも多かったことだろうと思います。彼のタップは何度か観に行きましたが、何度でもまた観たいです。

※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。