ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●リンカーンセンター・フェスティバルのランダム・ダンス

 毎年ニューヨークで行われるリンカーンセンター・フェスティバルで、7月21日、22日に、ランダム・ダンスの“AtaXia”の公演がありました。ロンドンのダンスカンパニーです。振付、コンセプト演出はウェイン・マクレガーで、音楽はマイケル・ゴードンの作品です。
音楽は生演奏、リズムが一定でない、不協和音が多用されている、電子音楽のようなものでした。

 舞台背景は、てかてかの表面の黒一色で、光が反射するものでした。そこに、ぼんやりとダンサーたちの姿が反射して映っていました。天井にはいくつもの蛍光灯が並べられ、1つ点いたり、3つ点いたり、全部点いたりしていました。現代的な舞台背景のデザインです。とてもシンプルです。途中、宙に上からスクリーンが何枚か降りてきて、そこに映像や言葉が映し出されていました。舞台に透明の板や、透ける薄いスクリーンがでてきたシーンもありました。衣装は、ノースリーブシャツと下の短パンで、白からグレーのモノトーンです。 

 振付は、スピード感のある早い動きが多かったです。体をコントロールしているところと、していないところと、ばらばらにしてある感じの踊りでした。背景が真っ黒で、ダンサー一人一人に上からブラックライトが当てられて、衣装がふわっと闇に浮かびあがるシーンもありました。
 舞台背景も含めて、よく考えて練られているダンスでした。コンテンポラリー・ダンスにあたります。