ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、こんにちは。ニューヨークも暑い夏、真っ盛りです。セントラルパークの木陰に行って休んでいると、涼しくて気持ちがよく、よみがえります。さて7月12日から31日まで、リンカーンセンター・フェスティバルが開かれています。私は2公演を観に行く予定で、今月号はそのうちの一つについて書きます。このフェスティバルに、7月28日から30日まで日本人演出家、蜷川幸雄による『近代能楽集』が上演されます。三島由紀夫原作です。

●ニューヨーク・シティー・バレエ、バランシンの『真夏の夜の夢』

 ニューヨーク・シティー・バレエの公演が、4月26日から6月26日まで開かれていました。

 今月号は、『真夏の夜の夢』のレポートです。これは、夏の風物詩になっており、毎年夏に公演が行われます。ジョージ・バランシンの振付けで、1962年の初演です。2幕で構成されたとてもゴージャスで美しい作品でした。また観たい作品です。

 舞台セットが素晴らしく綺麗でした。森のような、深い青緑色の木々が描かれていて、照明の色と重なって美しかったです。衣装もとてもゴージャスで、かっこいいものでした。
 フェアリーたちがたくさん出てきて踊るので、とても幻想的で絵画のようでした。音楽の生演奏ととても合っていて、よかったです。12回転など、大技もありました。ペアで静かな曲で踊るものは、優雅な振付でした。