ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 このコラムの連載を始めて1周年になりました。ご愛読ありがとうございます。無事に続けさせていただいて感謝しております。ニューヨークは斬新なコンテンポラリー・ダンスの公演が話題になるので、クラシック・バレエの情報プラス、コンテンポラリーのレビューも押さえて、今後もニューヨークならではのコラムにしていきたいと存じます。よろしくお願いいたします。  ニューヨークにはようやく春が訪れ、桜やモクレンの花が満開です。夜は肌寒いですが、昼間はとても暖かくなってきました。まだまだ春先です。  今回もリヨン・オペラ・バレエの『トリコデックス』の公演では感動して、朝まで眠れませんでした。ダンス・ブラジルのカポエイラの迫力にも圧倒されました。

●カンパニー・マギー・マランの『拍手は食べられない』

 4月6から11日まで、ジョイスシアターでカンパニー・マギー・マランの公演が行なわれました。フランスのトゥールーズのカンパニーです。今回の公演は、8人のダンサーによる『拍手は食べられない』の1作品のみで、2002年のリヨン・ダンス・ビエンナーレに出品した作品です。
 彼女はこの作品で、空間とダンサー達の肉体を使って、ラテンアメリカの国々の、信じられないほどの人間と文化の破壊と、彼らの土地にある勢力に対する従属と、彼等の解放に対する強いコントロールに苦しんでいることについて表現しています。せっかくそれらの国々には、信じられないくらいの豊かな人間と文化、驚くべき暖かさと強さがある人々が住んでいる土地があるので、黙って見ているわけにはいかないとのことです。

マギー・マラン
<拍手は食べられない>

 舞台には、カーテンのように上から七色の細いテープがぎっしりつるされており、コの字型の3方向が覆われていました。そのテープをかき分けて、ダンサー達が出入りしていました。ダンサー達の衣装は普段着と、普通の皮靴です。途中休憩無しのノンストップで、1時間余りの短い作品でした。怒り、戦い、憤りなど、ネガティヴな感情を表現したものなので、ダンサー達は顔も無表情か怒っていることしかなくて、全体に暗く重たくて、観ているほうも気分が落ち込んでしまいました。ダンスでネガティヴな政治的問題を提示することは、さぞ難しいことなのでしょう。きっと、振付家としての彼女なりの、思いきった実験的な作品だったのだと思います。人々に問題に気付かせるという提示の役割はあるけれど、そういう暗い側面だけだと、観るほうまで暗く落ち込んでしまってストレスがたまります。問題を提示するだけでなく、それをどのようにポジティブに大変換するかという解決の可能性の一例を示すなど、その後のフォローも作品の中に盛り込んでほしかったです。ダンスという要素はほとんどなく、演劇に近い作品でした。音楽もリズムのないどんよりとしたものでした。
現在は世界的にネガティヴな出来事が多いですが、そんな時だからこそ、観客はダンスやバレエの舞台に、ハッピネスや華やかさ、楽しさを求めていることと思います。観終わってから元気をもらってポジティブな気持ちになれる作品のほうが、受け容れられるでしょう。