ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

ニューヨーク・シティー・バレエの『眠れる森の美女』

 2月27日に、ニューヨーク・シティー・バレエの『眠れる森の美女』の公演を観にいきました。チャイコフスキー作曲のおなじみの古典作品で、バレエをやっていた人なら皆、習ったことがある有名な踊りがたくさんでてきます。私はこの作品の第2幕の最後、結婚式のシーンででてくるブルーバードの踊りが大好きなのです。懐かしく思い出しながら鑑賞できました。嬉しかったです。

 ニューヨーク・シティー・バレエのこの作品は、舞台セットが現代的でした。最初、舞台いっぱいに大きなスクリーンがあり、そこには、お城に続く小道が映し出され、だんだんお城に近付いてアップになりました。第二幕が始まる前にも、スクリーンに、100年の眠りの間にヤブに包まれてしまったお城の周辺が映し出されていました。衣装のセンスも素晴らしく、豪華でした。特に、オーロラ姫を眠りの呪いにかけてしまう悪い魔女とその子分達の衣装は、すべて黒でとてもカッコいいものでした。蜘蛛の馬車に乗って現れ、4人の子分達は黒い蜘蛛のような格好をしていました。悪役ですが、他のいい妖精達に比べて、一番キマッた衣装でした。

 第一幕の最後のほうでは、オーロラ姫のソロで、ピルエット12回転とそれに続くシェネが披露されました。その直後にオーロラ姫は魔女に眠りの呪いをかけられて、眠りこんでしまいます。その後、噴水からリラの妖精が出てきて、オーロラ姫が眠りから覚めるまで、王様もお后様もお城の人達をそろって全員、眠りの魔法にかけてしまいました。


ニューヨーク・シティー・バレエ
「眠れる森の美女」



 第二幕では、王子様ご一行が森にやってきます。王子様は一人森に残って、ライラックの妖精の導きによってオーロラ姫のところにやってきます。このときは、妖精は王子を船に乗せて川を渡って移動しますが、本当に大道具の大きな船に乗って、ドライアイスで埋まった舞台を通り過ぎていきました。オーロラ姫は王子のキスによって100年の眠りから目覚め、結ばれます。彼らの結婚式のシーンでは、彼らを祝福するために森の動物たちも踊ります。ゴールド、ダイアモンド、ルビー、エメラルドの踊り、ネコ達、ブルーバード、オオカミと赤頭巾ちゃん、リラの妖精など。3人の男性ピエロの踊りは、高く飛び跳ねて上で大開脚して、その度に観客はどよめいて大拍手でした。最後は王子様とオーロラ姫のグラン・パ・ド・ドゥで、その後は全員のフィナーレで締めくくりました。


ニューヨーク・シティー・バレエ
「眠れる森の美女」

ニューヨーク・シティー・バレエ
「眠れる森の美女」