ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2015.09.10]

クラシックとコンテンポラリーがほど良いバランスでプログラムされた活気ある舞台

横浜バレエフェスティバル
遠藤康行:芸術監督

「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2015」というイベントが開催されている。主催は横浜アーツフェスティバル実行委員会。どうやら横浜バレエフェスティバルは、その一環として開催されており、同時に<ダンスの教育>を目的とするワークショップやレクチャーなども行われているという。横浜バレエフェスティバルの芸術監督はマルセイユ国立バレエ団に在籍する遠藤康行が務めている。

tokyo1509d_0101A.jpg

相原舞
撮影/松山悦子(すべて)

開幕の第1部ではオーディションで採用したダンサー、川本真寧と五十嵐脩が踊り、2013年にユース・アメリカ・グランプリのジュニア1位だった永久メイが『タリスマン』のヴァリエーションを踊った。続いてABTに入団が決まった相原舞が『コッペリア』の第3幕のスワニルダのヴァリエーションを、そしてモスクワ国際バレエコンクール銅賞受賞の畑戸利江子とローザンヌ国際バレエコンクール入賞の二山治雄が『サタネラ』のパ・ド・ドゥを踊った。ここまでがいわは序幕といったところだろう。
第2部は、平山素子振付『horizontal episode』「オセロー」より、で始まった。美術は乗峯雅寛で、平山と久保紘一(NBAバレエ団芸術監督)、Noismで活躍した宮河愛一郎のトリオが踊った。舞台に大きな白い長方形の布がひろげられて、四隅が吊されたまま天に揚げられている。それが恐らくデスデモーナを貶めるためにヤーゴが使ったハンカチを象徴している。照明に照らし出された大きな布。それは本来ならとるに足らない小さなハンカチだが、「オセロー」の3人の主要登場人物に大きな心理的圧迫を加え、彼らは葛藤を繰り広げるのである。ジャン=クリフトフ・マイヨーの『アルトロ・カント I』よりパ・ド・ドゥは、マイヨーのカンパニーの小池ミモザと加藤三希央が踊った。モンテヴェルディの曲とともに、身体の不思議な感応を描いている。深川秀夫振付の『ソワレ・ド・バレエ』よりパ・ド・ドゥは、米沢唯と奥村康祐の新国立劇場バレエ団のペアが踊った。グラズノフの「四季」に振付けた見応えのある美しいパ・ド・ドゥだった。この息のあった二人が、新国立劇場バレエではあまり踊ることはないが、もっとペアで踊ってもらいたいと思った。第2部の最後は青木尚哉、児玉北斗、柳本雅寛の「excuse us」。振付はJAPAN dance projectとあった。ダンサー青木が、もう思うように身体が動かない、といった身体の限界を感じたことにまつわる諸々をユーモラスに見せた。少々自虐的題材だが、観客には受けていた。

tokyo1509d_0115A.jpg 畑戸利江子、二山治雄 tokyo1509d_0862A.jpg 米沢唯、奥村康祐
tokyo1509d_0066A.jpg 高田茜、高岸直樹

第3部は遠藤康行振付の『半獣』牧神の午後よりパ・ド・ドゥで開幕した。振付家自身と小池ミモザが踊った。腰に巻いた太いベルトで繋がった男女のダンサーの踊りだ。「半獸」のエネルギーは客席まで充分に伝わってきたが、繋がっていることによる動きにもう少し工夫が欲しい気がした。つづいて英国ロイヤル・バレエでファースト・ソリストを務める高田茜は、高岸直樹と『ジゼル』第2幕のパ・ド・ドゥを踊った。ウィリーとなっていっそう純化した愛を、見事なコンセントレーションによって表わした。モナコのマリカ・ベゾブラゾワに学んだ湯浅永麻とリヨンのコンセルヴァトワール出身のBastien Zorzettoのネザーランド・ダンス・シアターのペアは、マッツ・エック振付の『眠れる森の美女』よりパ・ド・ドゥを踊った。エック独特の身体表現が印象に残った。ラストは新国立劇場バレエのプリンシパル、小野絢子と八幡顕光、モンテカルロ・バレエの加藤三希央が『海賊』第2幕よりパ・ド・トロワを堂々と踊り、幕が下りた。
クラシック・バレエとモダン、コンテンポラリー・ダンスをほど良いバランスで構成されたプログラムで、それぞれのダンサーも活気のある舞台を見せていた。
ただ、ひと言苦言を呈するとすれば、公演パンフレットに振付とともに作品の重要な要素である曲名がクレジットされていないこと。表現の責任を明確にすることができない舞台を公演とは呼べないし、音楽に対して鈍感な公演が「教育」を標榜するのはいかがなものであろうか。
(2015年8月19日 神奈川県民ホール 大ホール)

tokyo1509d_0871A.jpg tokyo1509d_0440A.jpg 小池ミモザ、遠藤康行 tokyo1509d_0171A.jpg 小野絢子、八幡顕光、加藤三希央
tokyo1509d_0218A.jpg フィナーレ 撮影/松山悦子(すべて)