ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2015.09.10]

パケット、ブルドン、デュケンヌ、イーボ、ラヴォー、ヴィトンクールが踊った『ロミオとジュリエット』

京都バレエ団
『ロミオとジュリエット』ファブリス・ブルジョア:構成・演出・振付

有馬龍子記念京都バレエ団特別公演『ロミオとジュリエット』を東京で観た。
構成・演出・振付・指導はパリ・オペラ座メートル・ド・バレエのファブリス・ブルジョワ。指導はファニー・ガイダ(元エトワール、オペラ座バレエ学校教師)、エリック・カミヨ(元スジェ、オペラ座バレエ学校教師)。そしてキャストは、ジュリエットがパリ・オペラ座バレエ団、スジェのエロイーズ・ブルドン、ロミオはエトワールのカール・パケット、キャピュレット卿は元エトワールのシリル・アタナソフ、キャピュレット夫人も元エトワールのモニク・ルディエール、パリスはプルミエのクリストフ・デュケンヌ、ティボルトはプルミエのピエール=アルチュール・ラヴォー、マキューシオはスジェのアクセル・イーボ、ベンヴォーリオもスジェのヤニック・ヴィトンクールという錚々たるオペラ座のダンサー、元ダンサーが名前を並べ、さながらパリ・オペラ座バレエ団のサマー・シーズン公演の様相を呈していた。企画・制作は京都バレエ団の代表理事である有馬えり子。音楽はセルゲイ・プロコフィエフ、演奏は江原功指揮、ロイヤルチェンバーオーケストラ。

tokyo1509c_0070.jpg ラヴォー、アタナソフ、ルディエール
撮影/瀬戸秀美(すべて)

京都バレエ団とパリ・オペラ座の交流は良く知られるが、これだけのキャスト、スタッフを擁しての新作全幕『ロミオとジュリエット』の上演となったので、いつも通りに京都でだけ披露したのでは、あまりにももったいない、と、東京上演が実現したそうである。
振付のファブリス・ブルジョアは、パリのコンセルヴァトワールからオペラ座バレエに入団し、キャラクテールのダンサーとして活躍した。1994年にオペラ座のアシスタント・メートル・ド・バレエとなり、多くの作品を指導し、振付作品も発表するようになった。2014年にオペラ座のメートル・ド・バレエに昇格した。京都バレエでは2012年にファブリス構成・演出・振付による『ドン・キホーテ』全幕を上演している。(バジルはパケット、キトリはブルドンというキャストだった)

プロローグは、愛娘のジュリエットを失い悲しみに暮れるキャピュレット卿が回想録を綴っているシーン。落着いた雰囲気のある幕開きだった。ブルジョワの演出・振付は、ドラマティックな表現やその背景のリアルな描写にあまり固執せず、青春の生と死、という文学的なテーマ表現に関心を示しているかにみえた。
有名なマンドリンをかき鳴らすテーマ曲を強調して(マンドリンの楽器を何回も何回も投げ上げて受け取り合う踊りもあった)、マキューシオの死、ティボルトの死を悼む。ティボルトの死に遭遇したキャピュレット夫人の激越な怒り。思わずロミオの頰に平手打ちをくらわせて、夫の胸に崩れおちる。ここで表された、もう二度と生き返らないティボルトの手を取って胸に押し付け深い悲しみに陥る仕草は、ラストシーンのジュリエットとロミオの生者と死者のパ・ド・ドゥの序曲である。
キャピュレット家の仮面舞踏会のシーンは、堂々とした重厚なリアリティがあり、見事だった。全員が仮面を着けて踊り、中世の時代的雰囲気が横溢した。ロミオ、マキューシオ、ベンヴォーリオの3人が仮面舞踏会に忍び込む入口のシーンでは、3人の影のようにもう一組の3人が共振して踊るパ・ド・シスになるというユニークな表現があり、興味深かった。素顔と仮面の二重性を示唆するシーンと言えるだろう。ここにマキューシオの友人役の奥村康祐が踊っていた。また、ロラン修道僧には安達哲治が扮し舞台を引き締めた。
ジュリエットを踊ったエロイーズ・ブルドンは黒髪に黒い瞳で、今にもフラメンコを踊りだしそうな雰囲気を持っていて、若い頃のマリア・パヘスを彷彿させる風貌だ。若い活力が中世の閉鎖的な時代を乗り越えて迸るかのような踊り。やはり、エネルギーは大きいのだ。ロミオのカール・パケットともしっかりと息を合わせて踊った。バルコニーのパ・ド・ドゥも初々しさが表れて良かったが、私はやはり、愛と別れの二人のせめぎあう気持ちが盛り上がった寝室のパ・ド・ドゥに胸を打たれた。最もブルジョワ振付のパ・ド・ドゥは、マクミラン版などのように執拗に踊らせるわけではなく、意外とあっさりまとめて仕上げていた。
シェイクスピア原作のバレエ『ロミオとジュリエット』には、多くのヴァージョンが創られているが、このブルジョア版はなかなかユニークな演出が施されているシーンが見られ、味わいのある舞台だった。
(2015年8月2日 ゆうぽうとホール)

 

tokyo1509c_0184.jpg 仮面舞踏会 tokyo1509c_0327.jpg エロイーズ・ブルドン、カール・パケット
tokyo1509c_0432.jpg エロイーズ・ブルドン、カール・パケット tokyo1509c_0475.jpg ヴィトンクール、パケット、イーボ
tokyo1509c_0571.jpg tokyo1509c_0614.jpg イーボ、ラヴォー
tokyo1509c_0710.jpg tokyo1509c_0755.jpg
tokyo1509c_0868.jpg tokyo1509c_0927.jpg