ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2013.02.12]

趣向を凝らしヴァラエティに富んだ構成が楽しかった、西島千博の新春特別公演

エヌディプラス 西島千博
西島千博ソロ特別公演~世界にひとつだけの華達~

西島千博が個人事務所エヌディプラスを立ち上げ、「西島千博ソロ特別公演〜世界にひとつだけの華達」という旗揚げ公演を行った。久しぶりに西島自身をフューチャーしたプログラムを組み、大いに気合いが入った。
演目を順番に並べたガラ公演ではなく趣向凝らして、西島が恋する旅人ダンサーKAZUに扮して、それぞれのダンスシーンに絡んでいく、という構成になっていた。

tokyo1302h_0163.jpg 写真/株式会社ビデオ

オープニングは、舞台中央にバーがあり、世界の「個性あふれるプリンシパルダンサー」が、リハーサルに備えて身体を馴らしているような情景。ここにはかなり珍奇な衣装を着けた、西田佑子、金田あゆ子、吉本真由美、穴井豪、梶谷拓郎、高橋竜太のヨーロッパ、太平洋、ハワイアン、ユーラシア、南米ラテン、アジアなどのバレエ団のプリンシパル・ダンサーが集っているという設定のもと、そこここでコミカルな接触がある。モンローみたいなブロンズのウィグに大きなサングラスを掛けたり、特大のシルバーの髪飾りを着けたり、超ロングヘアを被った長身の男性ダンサーだったり、それぞれ工夫を凝らしたダンサーたちの面々が舞台狭しと行き来した。彼らのなかを黒縁のメガネを掛けた旅人ダンサーKAZUが右往左往する。そしてボレロのメロディが微かに流れると、ゲスト・ミュージシャンの石川直が、ボレロのドラムのつまりリズムのパートを舞台上で合わせて演奏する。これがなかなか興味深い効果をあげた。そしていくつかのグループがボレロ踊り次第に高揚して、最後は西島のソロによりフィニッシュした。
プログラムには「新たな表現のダンスパフォーマンスを”喜怒哀楽&笑い(show)”をテーマに、アートとエンターテインメントの境目の部分をお楽しみいただきつつ、ダンスが持つ純粋なパワーを感じて」ほしい、という西島のコメントがあった。そうした趣旨にそった企画だろう。確かに日本人のダンサーはそうした演技的、パフォーマンス的、ショー的な部分が弱い、といわれることが多いかも知れない。その意味では、衣裳やパフォーマンスだけでなくもっと思い切った表現を採り入れて、アピールしようという提案、プッシュであろう。

tokyo1302h_0523.jpg 写真/株式会社ビデオ

続いては、西田佑子をエトワールに、KAZUがリュシアンを務める『パキータ』。西田、西島のアダージョがあり、パ・ド・トロワとともに5つのヴァリエーションが踊られた。
そして休憩を挟んでからは、金田あゆ子と梶谷拓郎の『ロミオとジュリエット』のパ・ド・ドゥに、旅人ダンサーKAZUが参加する「〜愛という形は?〜」、『白鳥』を踊る西田佑子にKAZUが加わって「〜心の支え〜」を表わす、エピローグではオープニングに対応するように「ある稽古場の風景2〜『ウエストサイドストリートより 何処かへ』」などの工夫を凝らした演出があった。特に目を惹いたのは、ゲスト出演した西島鉱治と向高明日美のボールルームダンスだった。様式化された動きを力強く、華麗に踊って鮮やか、大いに見応えがあった。さらに全員で「シングシングシング」を踊ったフィナーレまで、じつにヴァラエティに富んでいて、楽しかった。しかし初めての試みの部分も多かったためか、予定時間をかなり押してしまったようで、最後の西島のスピーチが不充分なものになってしまったのは残念だった。
(2013年1月9日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール)

tokyo1302h_0215.jpg 写真/株式会社ビデオ tokyo1302h_0262.jpg 写真/株式会社ビデオ tokyo1302h_0480.jpg 写真/株式会社ビデオ
tokyo1302h_0660.jpg 写真/株式会社ビデオ tokyo1302h_0884.jpg 写真/株式会社ビデオ tokyo1302h_0949.jpg 写真/株式会社ビデオ
tokyo1302h_0759.jpg 写真/株式会社ビデオ tokyo1302h_0767.jpg 写真/株式会社ビデオ
tokyo1302h_0866.jpg 写真/株式会社ビデオ tokyo1302h_1096.jpg 写真/株式会社ビデオ