ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2012.01.10]

ウヴェ・ショルツ『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』の鮮烈なダンス

ARCHITANZ 2011 スタジオアーキタンツ10周年記念公演
津村禮次郎コンセプト/小尻健太 振付『トキ』、アレッシオ・シルヴェストリン 振付『譜と風景』、ウヴェ・ショルツ 振付『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』

2001年にマンションのワンフロアからスタートして大きく発展したスタジオアーキタンツが、10周年を迎えて記念公演を行った。創立当初からスタジオパフォーマンスなどを行い、常に創作する力を培ってきているので、10周年記念公演もたいへん意欲的なものとなった。

tokyo1201c04.jpg 『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』
撮影/塚田洋一

まず、注目を集めたのは日本で初めて上演されるウヴェ・ショルツの『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』。ウヴェ・ショルツはシュツットガルト・バレエ団時代にジョン・クランコの薫陶を受け、後にライプツィヒ・バレエ団の芸術監督として多くの優れた作品を振付けた。メンデルスゾーンやフェルトヴェングラー、ワルターなどが常任指揮者を務めたゲヴァントハウス管弦楽団で知られるライプツィヒでバレエ団を率いたショルツは、オーケストラの演奏とコラボレーションして優れた振付家としての能力を発揮してきた。ライプツィヒ・バレエ団では木村規予香がプリンシパル・ダンサーとして、横関雄一郎がソリストとして活躍した。私はパフォーミングアーツ専門のCSTVの番組編成に関わっていた時に何作が映像を放映したことがあるが、日本ではあまり知られていなかった。
ウヴェ・ショルツ振付の『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』。
開幕は舞台中央に一人立つダンサーにピンスポットがあたっている。やがて光りが舞台全体に広がると、そこには40名以上のダンサーが並んでいた。
ラフマニノフのピアノコンチェルトをこれだけ多くのダンサーを駆使して展開する、というその創造的なパワーにまず、圧倒される。それだけですでに振付家の芸術的な意思を脈々と感じさせるオープニングだった。
ダンサーはポアントを着け動きはすべてクラシック・バレエのパで構成されているが、それを巧みに強弱とスピードの変化をつけて、情感を表しドラマティックな表現を創っている。基本的にはソロとデュオと群舞でフォーメーションを組み合わせ、テンポ良く繰り広げていく。ロマン派といわれたラフマニノフのピアノコンチェルトの激情的だったり、神秘的だったりする流れがじつに見事にヴィジュアルになっている。
ソリストも酒井はな、坂本香菜子、富村京子、西田佑子、奥村康祐、藤野暢央、八幡顕光・・・・と粒ぞろいなのでレベルが高い。3楽章にわたって様々に変幻するコンチェルトを、鮮烈なヴィジュアルで観客の美的関心を引っ張っていく造型力はさすが、というほかない。ダンサーはアーキタンツゆかりの人とオーディションによって選抜されたというが、これだけの変幻自在の舞台を見事な動きの流れにより上演できる集団を形成できるまでに成長したことは誠に慶賀の至りだ。
『トキ』は能楽師の津村禮次郎が佐渡のトキの再生を願って2006年に創った創作能を、元ネザーランド・ダンス・シアターのダンサー、小尻健太がダンス作品にしたもの。世界初演である。津村自身と酒井はな、山崎文香、山田勇気、小尻健太が出演した。
『譜と風景』は、フォーサイスのもとフランクフルト・バレエ団の主要メンバーとして踊った後、日本で振付家、ダンサーとして多彩な活動を展開しているアレッシオ・シルヴェストリンが雅楽を使って振付けたデュオ。2010年のローザンヌ・ガラでも踊った横関雄一郎と金田あゆ子が出演した。
(2011年11月24日 メルパルクホール)

tokyo1201c01.jpg 『トキ』撮影/塚田洋一 tokyo1201c02.jpg 『トキ』撮影/塚田洋一 tokyo1201c03.jpg 『トキ』撮影/塚田洋一
tokyo1201c05.jpg 『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』撮影/塚田洋一 tokyo1201c06.jpg 『譜と風景』撮影/塚田洋一