ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2011.11.10]

バラエティに富んだ様々なタイプの踊りが楽しかった『アラジン』抜粋

バレエ・オープニング・ガラ
新国立劇場バレエ団
tokyo1111e01.jpg 「アラジン」財宝の洞窟
撮影:瀬戸秀美

新国立劇場バレエの2011-2012シーズンの「バレエ・オープニング・ガラ」第一部は芸術監督デヴィッド・ビントレー振付の『アラジン』から「序曲」「砂漠への旅」「財宝の洞窟」が踊られた。見せ場はアラジンが閉じ込められた洞窟で、次々に踊られる宝石たちの華麗なダンスだ。
グループ、トリオ、デュオと様々なダンスが展開されるが、「ルビー」を踊った長田佳世と厚地康雄が良かった。リフトから体を落として回す、ビントレー得意の振りを息を合わせてスムーズに、しかも華やかに色彩を際立たせて踊った美しいデュオだ。全体にフォルムの展開もヴァラエティに富み、曲の音色も豊かできらびやか。至福の時を過ごすことができた。全幕ものとして観る『アラジン』も悪くないが、スペクタキュラーな装置やドラゴンや獅子などのエンタテインメント的効果を狙ったと思われる道具類があまり登場せず、踊りそのものをみせるように凝縮され、テンポ良く変化するデヴェルテスマンとして品良く仕上がるのではないだろうか。時には『アラジン・スイーツ』として上演してもらいたい、と勝手なことを想った。

tokyo1111e05.jpg 「ロミオとジュリエット」撮影:瀬戸秀美

第2部はパ・ド・ドゥ集だが、芸術監督の作品からは選ばれておらず、まず『眠れる森の美女』のグラン・パ・ド・ドゥを小野絢子と福岡雄大が踊った。いつも感心するのは小野絢子の手。手首の優雅なしなやかさと指先の細かな描線、ステップの動きの柔らかな愛らしさだ。このたおやかな身体性と人形のような可憐な表情がいわく言いがたい雰囲気を醸す。なかなか得難い踊り手だと思う。福岡雄大の力強さとは好対象で、今まさに化学変化して飛躍する寸前といった趣きだった。これから大いに期待したい、また大活躍してもらわなければ困るペアだ。
『ロミオとジュリエット』のバルコニーのシーンは本島美和と山本隆之だった。初めて二人きりになった喜びから、愛を強く確かめ合うキスまで清烈なパ・ド・ドゥが踊られた。
そして『ドン・キホーテ』のパ・ド・ドゥは米沢唯と菅野英男。米沢唯のキトリが見事だった。伸びやかな手足を使って堂々としたダンスだ。そつなくサポートする菅野英男も良かったが、米沢の将来性は大いに期待できる。今はまだ微妙な心理の襞を現す役ではなく、『ドン・キホーテ』のような明るく楽しい曲がいいのではないだろうか。
第3部はバランシン振付、ビゼー音楽の『シンフォニー・イン・C』の最終楽章。長田佳世と福岡雄大、川村真樹と貝川鐵夫、寺田亜沙子と輪島拓也、丸尾孝子と古川和則がプリンシパルを踊った。
(2011年10月1日 新国立劇場 オペラパレス)

tokyo1111e02.jpg 「アラジン」撮影:瀬戸秀美 tokyo1111e03.jpg 「アラジン」撮影:瀬戸秀美
tokyo1111e04.jpg 「ドン・キホーテ」撮影:瀬戸秀美 tokyo1111e06.jpg 「眠れる森の美女」撮影:瀬戸秀美