ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.04.10]

Co. 山田うんの新作『ドキュメント』

独特のユーモアとフィジカル感覚、少々自虐的な表現などユニークなダンスを創る山田うんの新作『ドキュメント』。男性7人、女性5人のダンサーが踊った。衣裳はダンサーそれぞれ思い思いのものだが、ひとりだけスーツにネクタイ、眼鏡の男性ダンサーが混じる。
素の舞台だが、2カ所に大きなクッションが置かれている。時折、このクッションにダンサーが頭を突っ込んで、逆立ち状態になったり、おもしろいヴィジュアルを作っていた。

オープニングはバラバラとダンサーが登場。ピアノ曲が流れ、山田うんと男性ダンサーのデュオが始まる。お互いの身体をもたれかけ合ってバランスが崩れて 床に落ちそうになる寸前、パートナーの身体に掴まって起き上がり、また身体をもたれかける、といったこんがらがった動き。これがなかなか見応えあって、終 わりそうで終わらない身体の野性的な活力を感じさせられた。
ソロダンスがあちこちで踊られたり、奇妙な動きが展開されたのちにダンサーが集まって群舞などがあった。

一転して、「すみれの花咲く頃」などの懐かしいメロディに、手話風の動きから始まるソロなどの興味深いシーンがあり、最後は、冒頭のこんがらがったデュオが集団となり、上手手前から舞台中央の奥にまでこんがらがったまま進み、山田うんならではの雰囲気を舞台に残し幕。
山田自身の新しいダンス表現の模索が感じられ、プログラムに解説されていた「今、は最新で懐かしい」という言葉を実感させるかのような舞台だった。
(3月20日、吉祥寺シアター)