ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関 口 紘一 text by Mieko Sasaki 
[2007.06.10]

Noism07が金森穣の新作『Play 2 Play ----干渉する次元』を上演

  Noismはプロフェッショナルなダンスグループを目指して創設して以来、3年間で7つの舞台を制作してきたし、今年の初めには、初の海外公演も行った。
今回の公演は、それらの舞台で金森と共に仕事をした、『SHIKAKU』の空間を担当した田根剛、『NINA---物質化する生け贄』の音楽を創ったト ン・タッ・アン、「能楽堂公演」の衣裳の三原康裕を招いてコラボレーションした作品である。
舞台を挟んで前後に客席を設置している。つまり舞台の奥にまた観客席があるという劇場空間である。さらに、舞台上には9つに折れ山のある半透明の大きな屏風のようなオブジェが置かれ、パフォーマンスを前後に区切っている。
簡単にいうと、半透明の大きな屏風を中央にして、前と後ろの観客が異なったダンスを観ていることになる。むろん、それは固定されていない。ダンサーは自 由に前後入れ替わるし、屏風自体も折れ山ごとに解体されキャスターを使って移動できる。さらにさらに、半透明の屏風の面は、照明の当て方によって、奥のパ フォーマンスが見えたりあるいは幻想的な雰囲気を醸したり、ミラーとなって踊るダンサーをくっきり映したり、と自在に変化するのである。
私は通常の観客席から観たのだが、ミラーになっていない時は、ダンサーのみならず反対側の観客席まで見える。すると、本番のダンスは屏風の向こう側で行 われていて、こちら側から見えているのは、楽屋というかダンサーのプライヴェートな空間のようにすら感じられるのである。反対側の観客席で観ていると逆側 から同じ様な印象を受けるだろう。
ダンスを舞台で踊る、ということを何重にもだぶらせたり、踊っているダンサー自身と対面させたりしながら、パートナーのいないパ・ド・ドゥを繰り返したり、動きとヴィジョンが輻輳して、じつに美しい幻想的な舞台が創られた。
素晴らしい空間構成だったが、ピアノやパーカッションを多用した音楽も素敵だったし、衣裳も2種類だと聞いたが、実際の舞台では4種類以上にも見える凝ったものであった。
比較的ゆっくりした動きが多かったが、カンパニーとして活動していなければ決して創り得ない、レベルの高い表現能力豊かなものであった。美しいフィナーレからは、かつて金森が学んだベジャール作品のような鮮烈さが感じられた。
(5月9日、THEATRE 1010)