ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.04.10]

新国立劇場の『オルフェオとエウリディーチェ』

 グルックのオペラ『オルフェオとエウリディーチェ』を、ドミニク・ウォルシュがダンスに振付けた舞台を観たが、私には趣旨があまりよく理解できない公演だった。
  現代の詩人が見た夢という設定を示すオープニングとエンディング以外は、オペラの物語をそのまま使用している。最後のシーンを除いて、オペラの歌手はずっ と舞台の脇で歌い、舞台上ではダンスシーンが展開される。これは、なんだか無駄なエネルギーが注ぎ込まれたステージのようにさえ感じられた。

  オペラは舞台上の主人公が表情をたたえた歌唱によって訴え、ドラマを創るのだから舞台の脇で熱烈に歌っていても観客に深い情感は伝えられない。ダンスは歌 手が歌によって訴えるように、動きの連続そのものによって観客にアピールするのであって、決してアリアの絵解きするためのものではない。
比較することが正鵠を射ているとは言えないかも知れないが、次期新国立劇場のオペラ監督若杉弘が指揮し、大島早紀子が演出したオペラ『ダフネ』に比べると、この舞台の印象はやはり弱かったと言わざるを得ないのではないか。
酒井はなと山本隆之のダンスは力強く、とどこおりなく流れていたが、オペラの中にダンスシーンが組み込まれている演し物を観る時ともまた異なった、もの足りない気持ちになる舞台だったのは、じつに残念である。
(3月21日、新国立劇場 中劇場)

酒井はな、山本隆之