ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2006.12.10]

谷桃子バレエ団 創作バレエ10「古典と創作」

 谷桃子バレエ団の「古典と創作」は、『パキータ』と新作『Shout on the line(シャウト・オン・ザ・ライン)』だった。
『パキータ』はプティパの振付を、キーロフ・バレエ出身のナターリャ・ボリシャコーワ、ワジム・グリャーエフが再振付、指導したもの。エトワールを永橋あゆみ、今井智也が踊り、そのほか佐々木和葉、朝枝めぐみなどが踊った。



『パキータ』

『パキータ』

『パキータ』


『Shout on the line』
『Shout on the line』は坂本登喜彦の構成・演出・振付による新作である。真紅の太陽から伸びているライン上に、出会いや死、強過ぎた愛や孤独、回想、運命の糸、妄 想、行動、牡と牝、祭、偶然などのシーンが描かれていく。運命の上を際どく歩む人間たちの姿である。
軽快なテンポと素早い動き、高部尚子と斎藤拓のカップルを中心にした様々なフォーメーションが描かれ、すべてが過不足なく踊られていて破綻がない。た だ、全編を通して、ダンスを通底しているリズムが同じ調子に感じられる。時折、中断するが、結局また同じリズムがつづく。全体にまとまりは良いのだが、作 品展開のリズムが一貫していて、やや単調にも感じられた。どこかで自身のリズムを否定するような大胆さがあってもいいのではないか、と思った。ダンサーは みな、きびきびとしていてたいへん気持ちの良いダンスだった。
(10月31日、めぐろパーシモンホール)


『Shout on the line』

『Shout on the line』