ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2004.05.10]

●音楽と空中パフォーマンスのコラボレーション『エアリアル・ローズ』

 東京芸大の講師を務めながら自身のオリジナル曲のコンサート を続けているピアニスト、MAKIが主宰するクリエーター集団code"M"と、サーカスから生れたエアリアル(空中パフォーマンス)の技を駆使するアー ティスト、kumiが主宰する「空飛ぶ猫」によるユニークなコンサート『エアリアル・ローズ』を観た。

第1部はMAKIの曲によるcode"M"のライヴ。MAKIのピアノを中心に、セネガルのパーカッショニスト、WAGANEが加わったラテンやアフリ カの香りがする品の良いしかし力強いサウンドを堪能。第2部は「Another Heaven」と題して、ゲスト・ダンサーにJUNを迎え、kumiと空飛ぶ猫の空中パフォーマンス。天井からいく筋かのカラフルな布を垂らし、kumi を中心としたダンサーが布を足にからめて宙空に昇り、さまざまなパフォーマンスを行う。当然、アクロバティックな空中のパフォーマンスが華だが、じつはフ ロアのダンスが大切。フロア・ダンスの展開からあるいはMAKIが目指す総合的音楽空間の中から、空中パフォーマンスがどれだけの象徴性を得ることができ るか、そこにこのダンスのポイントがあるように感じられた。その意味からゲストに雰囲気のあるダンサー、JUNを招いたこと、映像や生花を使って空間演出 を行ったことが、この『エアリアル・ローズ』の公演を成功に導いたひとつの要素だったかもしれない。

ラストは、フルメンバーによる圧巻のコラボレーション。この3部構成もごく当たり前のようだが、じつは単なる音楽とダンスだけではなく、宙空を舞う感覚が
MAKIのサウンドと不思議に共鳴していて、乗ったことはないのだがエンジン音のないグライダーで空を滑っているような未経験のライヴ感覚を味わうことができた。

MAKIはゲーム、DVD、着メロ、アニメ、オーケストラアレンジなどジャンルを越えて活動し、ダンスやフィルムなどのアーティストとのコラボレーショ ンも積極的に行っている。kumiはバレエ、ジャズダンス、体操競技などを経験した後、フランス・サーカス学校で空中パフォーマンスを修得した。紅白歌合 戦などのテレビ番組やワールド・カップなどのイベントコンサートの振付を手掛けている。ともにこうしたさまざまなメディアで活動を展開することで、21世 紀にふさわしい新しいパフォーミング・アーツのイメージをどんどん発信してもらいたいものだ。(4月10日、青山のワールド・ダンス・スタジオ)

<エアリアル・ローズ>

<エアリアル・ローズ>