ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

2015年01月更新記事

From Tokyo <東京>

豪華で華麗なディヴェルテスマン、成熟したロシア・バレエの美しさを堪能、ボリショイ『白鳥の湖』

3年ぶりとなるボリショイ・バレエ団&ボリショイ劇場管弦楽団の来日公演は『白鳥の湖』『ラ・バヤデール』『ドン・キホーテ』の全幕3作品を持って来日し、全国7都市で17回の舞台を披露した。ダンサーおよびボリ・・・
[2015.01.13]

ボリショイ・バレエならではの重量感のある充実した舞台、『ラ・バヤデール』

ボリショイ・バレエ団の『ラ・バヤディール』は、2013年にグリゴローヴィチが新たに振付けたヴァージョンの日本初演だった。1991年にもグリゴローヴィチは『ラ・バヤデール』を改訂振付けている。公演プログ・・・
[2015.01.13]

ダンスが氾濫し舞台からこぼれ落ちるような、ボリショイ・バレエ改心の舞台『ドン・キホーテ』

『ドン・キホーテ』は、マリウス・プティパ振付、ルートヴィヒ・ミンクスの音楽により1869年モスクワのボリショイ劇場で初演された。以来、1900年のゴールスキーの改訂を経てボリショイ劇場の伝統に培われ、・・・
[2015.01.13]

今日のダンスの様々なスタイルを構成してみせたマルティネス監督のスペインダンスカンパニー

元パリ・オペラ座のエトワールだったジョゼ・マルティネスが、スペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督に就任してから、初めてとなる来日公演が行われた。当初の予定では、マルティネスがかつてパリ・オペラ座バレエ・・・
[2015.01.13]

親しみ易い演目をフレンドリーな雰囲気で踊って"MIZUKA"がまばゆく輝いた公演

東京バレエ団の人気のプリンシパル、上野水香が、第21回神奈川国際芸術フェスティバルと神奈川県民ホールの開館40周年記念行事の一環として、初めて自らバレエ公演をプロデュースした。題して〈Jewels f・・・
[2015.01.13]

ロシアの妖精、オブラスツォーワとシュツットガルトの貴公子、ラドメーカーの初共演が実現

東京バレエ団が創立50周年記念シリーズの第8弾として『くるみ割り人形』を上演した。ベジャール版ではなく、主人公のクララを大人が演じるオーソドックスなワシリー・ワイノーネン版である。今回は何と言っても、・・・
[2015.01.13]

多彩なアーティストとのコラボレーションを繰りひろげて日本舞踊の新境地を期待させる舞台

〈日本舞踊×オーケストラ〉は、日本舞踊をオーケストラが演奏する西洋音楽にのせて踊るという、既成の枠にとらわれない異色のコラボレーションを図るもの。2012年、東京文化会館の主催で「伝統の競・・・
[2015.01.13]