ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

星野 聖子 text by Seiko Hoshino 
[2015.06.10]
From Nagoya -名古屋-

多くの古典名作のハイライトが華やかに踊られたバレエコンサート、松岡伶子バレエ団

松岡伶子バレエ団
「バレエ・コンサート」松岡伶子:構成・振付

今年で63年の歴史を誇る松岡伶子バレエ団。その付属研究所の発表会が2日間に亘って行われた。1日目の5月16日に上演されたのは「バレエ・コンサート」、翌日17日は「子供のためのバレエ・コンサート」『みにくいあひるの子』だった。

nagoya1506a_08.jpg 『白鳥の湖』藤井和歌奈、間瀬琴乃、安部喬
撮影:むらはし和明(すべて)

私が鑑賞したのは16日の「バレエ・コンサート」。出演者は小学生から高校生までのダンサー64名と、同バレエ団の団員4名(碓氷悠太、中弥智博、市橋万樹、安部喬)。約3時間に及ぶ長時間の公演となったが、第1部から3部まで非常に見ごたえのあるパフォーマンスで観客を楽しませた。いずれの部においても、ジュニアダンサーたちによるソロヴァリエーションが披露された後に、グラン・パ・ド・ドゥやパ・ド・トロワといった有名古典作品のハイライトが発表された。
私は、松岡伶子バレエ団の技術の高さを改めて実感した。
第1部の開始前は華やかなオープニングのステージ。出演者の名前が呼ばれる。全員の紹介は短時間ではなかったが、その間、彼らがどんなバレエを見せてくれるのだろうかと期待が高まった。
第1部は『眠れる森の美女』のフロリナ王女、『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』のリーズ、『タリスマン』のニリチ、『パリの炎』ジャンヌなど、18作品のソロヴァリエーションが踊られた。緊張が表に出てしまうダンサーもいたが、皆、毎日の練習の成果を発揮すべくキラキラと輝いていた。さらにこの部の終盤には、『白鳥の湖』第1幕パ・ド・トロワ、『コッペリア』第3幕グラン・パ・ド・ドゥ、そして『サタネラ』のグラン・パ・ド・ドゥが上演された。中でもパ・ド・トロワを踊った藤井和歌奈、間瀬琴乃、安部喬の動きは秀逸。腕の使い方、脚の上げ方、ジャンプの仕方、その動作のタイミング、どれをとっても見事に揃っていた。一人ひとりのダンサーとしての個性も魅力的だった。藤井は表情が豊かで、実際に『白鳥の湖』第1幕で王子の友人たちと共に庭園にいるかのような雰囲気を醸し出した。間瀬は伸びやかで優雅に踊った。笑顔を絶やさないところが素敵である。安部はエネルギッシュで力強い中にも、振付の細部に至るまでしっかりと正確に踊ったのが印象的だった。

nagoya1506a_05.jpg 『パキータ』鶴山ありす、南山桃花、安部喬
撮影:むらはし和明

第2部でもジュニアダンサーたちの古典ソロヴァリエーションが18作品披露され、『パキータ』パ・ド・トロワ、『眠れる森の美女』グラン・パ・ド・ドゥ、『海賊』グラン・パ・ド・ドゥへと続いた。『パキータ』を踊ったのは鶴山ありす、南山桃花、安部喬の3人。鶴山はまだ若いながらも存在感があり、ソロは完璧。南山は細かい足先の動きが軽やかで、余裕の表情を見せた。このパ・ド・トロワでの安部はジャンプしながら回転する動きを取り入れるなど、持久力とダイナミックなバレエで観客を惹きつけた。また、田中沙季と市橋万樹のペアによる『海賊』は時間を忘れて見入ってしまうほど魅力的だった。それは、この2人のパ・ド・ドゥがドラマを感じさせるものだったからだと思う。技術的に優れ、見た目に美しいだけではなかった。『海賊』を踊る2人の間のコミュニケーションが上手く取れており、テンポが良く、迫力のある作品に仕上がっていた。

第3部は古典ソロ18作品の後に、『眠れる森の美女』より青い鳥のパ・ド・ドゥと『シルヴィア』のグラン・パ・ド・ドゥが踊られた。『シルヴィア』は北村澪奈と碓氷悠太によるもの。北村はバランスの取り方が上手い。ステップも非常に安定している。それに加えて上品でエレガントなオーラを放つ彼女は多くの観客を魅了したはずだ。碓氷は躍動感に溢れた回転テクニックで拍手喝采を浴びた。
古典ソロヴァリエーションを踊ったジュニアダンサーたちの活躍も見逃せない。第1部で15番目に『ドン・キホーテ』第2幕よりドルネシア姫のヴァリエーションを踊った筒井怜奈は小柄で表情が愛らしい。しかし、足先は充分に練習を積み重ねたと思われる強いもので、ブレのないステップと鋭い回転は見事だった。そして、第3部18番目には若宮嘉紀が『シルヴィア』の男性ヴァリエーションを踊った。彼は若いダンサーながら洗練された踊りを見せた。表情が柔らかく、とても自然だったのがいい。技術的にもこれからますます磨きがかかりそうだ。
最後には出演者全員が再度舞台に登場し、観客への感謝を表した。盛大な拍手が会場を包む中で緞帳が降り、舞台は幕を閉じた。
(2015年5月16日 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール)

nagoya1506a_02.jpg 『コッペリア』
金森美咲希、市橋万樹
nagoya1506a_03.jpg 『サタネラ』
土屋桃子、中弥智博
nagoya1506a_07.jpg 『青い鳥』
永野百華、中弥智博
nagoya1506a_09.jpg 『眠れる森の美女』
大鹿綾子、碓氷悠太
nagoya1506a_10.jpg 『シルヴィア』若宮嘉紀 nagoya1506a_11.jpg 『ドン・キホーテ』
筒井怜奈
nagoya1506a_04.jpg 『シルヴィア』北村澪奈、碓氷悠太 nagoya1506a_06.jpg 『海賊』田中沙希、市橋万樹
nagoya1506a_01.jpg 松岡バレエ団『バレエ・コンサート』
撮影:むらはし和明(すべて)