ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2015.08.10]
From Osaka -大阪-

夏山周久振付『パリの喜び』が楽しく華やかに踊られた──なにわ芸術祭

全日本洋舞協会合同公演「なにわ芸術祭」
『パリの喜び』夏山周久:振付、ほか

昭和39年に産経新聞社が、上方文化という伝統芸能の豊かな土壌で育まれてきた舞台芸術の継承と発展を目的に創設した「なにわ芸術祭」。落語や日本舞踊、クラシック音楽、ジャズなど様々なジャンルの公演が行われるなかのひとつとして「全日本洋舞協会合同公演」が行われた。

osaka1508b_05.jpg 『白鳥の湖』撮影:金原優美(テス大阪)

第一部の自由作品集は、本当に多様な作品が順番に披露された。辻本芳子バレエスクールの『FROLA'S SECRET』は辻本振付の春風を感じさせるような優しい雰囲気の作品、荒井茜は上村崇人をパートナーに『白鳥の湖』第3幕より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥを目線の演技を活かしながら華やかに披露。東京のPiece of Modernは、前澤亜衣子振付『SORA』を実力ある6人の女性ダンサーで見応えあるものに仕上げた。北山大西バレエ団の『エバー・シャイン』は大西縁の振付でバレエのテクニカルな楽しさも入れて、Y's Dance Art Companyの『Spider Silk』は蜘蛛の糸を題材にしているのだろう、ゴムを効果的に使って組み立てた作品だった。

第2部は合同作品として夏山周久振付『パリの喜び』。パリ国立コンセルヴァトワールから花売り娘役としてロレリーヌ・エポラールを招き、他はオーディションで選ばれたダンサーたちによっての上演だ。パリのカフェを舞台に様々な人間模様、恋模様等々をコミカルさも交えながら描き、フレンチカンカンの群舞でも盛り上がるこの作品は観ていてとても楽しい。今回、この出演者の中から「なにわ芸術祭」洋舞部門の新人賞、新人奨励賞が選ばれた。新人賞はデビュー前の娘役を踊った大成遼で、全体的に優しげで伸びやか、デビュー前の娘らしい初々しさが自然に出ていたのとともに、内側から香るような魅力が感じられたのがとても良い。新人奨励賞は店主の娘役を踊った野崎由香、コツコツと良いレッスンを積み重ねているからこその基礎に基づいて、演出家の意図に沿って作品を進めて行くことができるダンサー。ウエイター(末原雅広)との恋模様を、自然に演じ踊った。受賞者をはじめ、出演したダンサー達の今後の活躍、成長も期待したい。
(2015年6月28日 大阪メルパルクホール)

osaka1508b_02.jpg 『FLORA'S SECRET』 撮影:金原優美 osaka1508b_09.jpg 『SORA』撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1508b_14.jpg 『エバー・シャイン』撮影:金原優美(テス大阪) osaka1508b_19.jpg 『Spider Silk』撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1508b_27.jpg 『パリの喜び』撮影:テス大阪 osaka1508b_29.jpg 『パリの喜び』撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1508b_24.jpg 『パリの喜び』撮影:金原優美(テス大阪) osaka1508b_21.jpg 『パリの喜び』撮影:テス大阪